0

環境はWIndows10です。
MeCabのユーザ辞書を作成するために、以下のようなcsvファイルをutf-8で作成し、"C:\95CI.csv" に保存しました。

95%信頼区間,1285,1285,5000,名詞,一般,*,*,*,*,95%信頼区間,キュウジュウウゴパーセントシンライクカン,キュージューゴパーセントシンライクカン

その後コマンドプロンプトにて以下を実行

C:\Program Files\MeCab\bin> mecab-dict-index.exe -d "C:\Program Files\MeCab\dic\ipadic" -u 95CI.dic -f utf-8 -t uft-8 "C:\95CI.csv"
reading C:\95CI.csv ... 1
emitting double-array: 100% |###########################################|

done!

"C:\Program Files\MeCab\etc\mecabrc" の末尾に以下の記述を加えました。

userdic = C:\95CI.dic

これらの後RStudio上で形態素解析を行ったところ、95%信頼区間が分割されて形態素解析されます。

丸1日ハマっているのでどなたか解決策をご存知でしたらご教示いただけると幸いです。

2
  • 指定するべき 95CI.dic ですよね。うまくいくことを確認してないのと、書き損じも考えられたのでひとまずコメントで
    – quickquip
    2月3日 12:29
  • >quickquipさん 書き損じ失礼しました。mecabrcでは95CI.dicを指定しています。
    – c o Q
    2月3日 12:43

1 件の回答 1

0

RMeCab で利用する際には、改めて辞書の指定が必要なんじゃないでしょうか。

https://rmecab.jp/wiki/index.php?MeCab_Dictionary

なお RMeCab 上で辞書を指定するには関数で dic 引数を指定します

> library(RMeCab)
> x <- docMatrix("/Users/ishida/tmp", dic = "/Users/ishida/R/data/ishida.dic")
3
  • ご指摘ありがとうございます。 > RMeCabC("今日は95%信頼区間の求め方を勉強します", dic ="C:/95CI.dic")を実行したところ 95%信頼区間は途中で区切られて形態素解析されました。 辞書の指定の仕方が間違っているのでしょうか。
    – c o Q
    2月3日 12:10
  • *.csv はあくまで「辞書作成時の元ファイル」なので、指定すべきは *.dic じゃないでしょうか。
    – cubick
    2月6日 1:10
  • ご指摘ありがとうございます。 ご指摘の通りmacabrc、RMeCab ともに*.dicを指定しているのですが、分割されて形態素解析されます。
    – c o Q
    2月9日 14:54

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。