1

以下のコードにある memnew マクロ定義内の new ("") とはなんですか?

https://github.com/godotengine/godot/blob/4.2/core/os/memory.h#L88C1-L94C59

template <class T>
_ALWAYS_INLINE_ T *_post_initialize(T *p_obj) {
  postinitialize_handler(p_obj);
  return p_obj;
}

#define memnew(m_class) _post_initialize(new ("") m_class)

memnew の使用箇所をみるとインスタンス生成のために使用していると推測できます。

https://github.com/godotengine/godot/blob/4.2/main/main.cpp#L547

engine = memnew(Engine);

C++のインスタンス生成には詳しくなく、そもそもJavaなどの言語と違ってC++は new なしでもインスタンスが生成できるようです。

参考:
C++でクラスをnewしたときとnewしないで使用したときの速度差 の回答

上記のマクロも何か new を使用した方が良い場面でかつ何かのテクニックでしょうか?

2 件の回答 2

1

この表現は、C++のプレースメントnew構文を使用しています。通常のnew演算子はメモリを割り当ててオブジェクトを構築しますが、プレースメントnewは特定のメモリ位置にオブジェクトを構築するために使用されます。
プレースメントnewは、既に割り当てられているメモリ領域に直接オブジェクトを構築するために使用されます。

カスタムメモリ管理テクニックは、特定のアプリケーション(例えばゲームエンジンなど)でパフォーマンスやメモリ使用の最適化を図るためにしばしば使用されるようです。

0

new ("") は「placement new」「配置new」と呼ばれるものです。確保済みのメモリアドレス上にインスタンスを配置することによく使われますが、この場合はメモリアドレスを指定しているわけではありません。new 演算子には任意の引数を指定することができ(コンストラクタの引数ではない)、この場合は memory.h 69行目の以下の new 演算子を呼ぶことになるのでしょう。

void *operator new(size_t p_size, const char *p_description); ///< operator new that takes a description and uses MemoryStaticPool

この new の実装が標準のものと何が違うのか、p_description を何に使っているのかは実装のコードを読めばわかると思います。

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。