6

・言語:Swift
・使用しているBluetoothデバイス:テキサス・インスツルメンツCC2541 SensorTag

初心者質問ですみません。
初めて質問させて頂きますので、もしこういう表記した方が答えやすいなどありましたらご教示頂けましたら幸いです。

現在、Bluetoothのボタンが押された時にView上にデータの更新が反映されるものを試しに作っております。
「iOS×BLE Core Bluetoothプログラミング」という書籍を参考に進めてはおりまして、セントラルマネージャーやペリフェラルの記述をしているクラス(ViewController)では、sensorTagのボタンが押されるたびに「左」「右」などの更新データをリアルタイムで表示することができました。

しかし、このデータを別クラスのViewControllerで表示しようとしても、リアルタイムにデータが反映されずにうまくいきません。segueでデータを渡す方法など試してみましたが、リアルタイムでの更新ではなく、渡した時のデータのまま表示されてしまいます。

どのような方法で解決したらいいのか検討がつかず、質問させて頂きました。
簡単な内容かもしれませんが、プログラミング初心者ゆえお許し下さい。

下記がコードです。

ViewController.swift

import UIKit
import CoreBluetooth


class ViewController: UIViewController, CBCentralManagerDelegate, CBPeripheralDelegate {

var isScanning = false
var centralManager: CBCentralManager!
var peripheral: CBPeripheral!
@IBOutlet weak var label: UILabel!
var chara = NSData()

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    // セントラルマネージャ初期化
    self.centralManager = CBCentralManager(delegate: self, queue: nil)
}

override func didReceiveMemoryWarning() {
    super.didReceiveMemoryWarning()
    // Dispose of any resources that can be recreated.
}


// =========================================================================
// MARK: CBCentralManagerDelegate

// セントラルマネージャの状態が変化すると呼ばれる
func centralManagerDidUpdateState(central: CBCentralManager!) {

    println("state: \(central.state)")
}

// 周辺にあるデバイスを発見すると呼ばれる
func centralManager(central: CBCentralManager!,
    didDiscoverPeripheral peripheral: CBPeripheral!,
    advertisementData: [NSObject : AnyObject]!,
    RSSI: NSNumber!)
{
    println("発見したBLEデバイス: \(peripheral)")

    if (peripheral.name?.hasPrefix("konashi") != nil) {

        self.peripheral = peripheral

        self.centralManager.connectPeripheral(self.peripheral, options: nil)
    }
}

// ペリフェラルへの接続が成功すると呼ばれる
func centralManager(central: CBCentralManager!,
    didConnectPeripheral peripheral: CBPeripheral!)
{
    println("接続成功!")

    // サービス探索結果を受け取るためにデリゲートをセット
    peripheral.delegate = self

    // サービス探索開始
    peripheral.discoverServices(nil)
}

// ペリフェラルへの接続が失敗すると呼ばれる
func centralManager(central: CBCentralManager!,
    didFailToConnectPeripheral peripheral: CBPeripheral!,
    error: NSError!)
{
    println("接続失敗・・・")
}


// =========================================================================
// MARK:CBPeripheralDelegate

// サービス発見時に呼ばれる
func peripheral(peripheral: CBPeripheral!, didDiscoverServices error: NSError!) {

    if (error != nil) {
        println("エラー: \(error)")
        return
    }

    let services: NSArray = peripheral.services

    println("\(services.count) 個のサービスを発見! \(services)")

    for obj in services {

        if let service = obj as? CBService {

            // キャラクタリスティック探索開始
            peripheral.discoverCharacteristics(nil, forService: service)
        }
    }
}

// キャラクタリスティック発見時に呼ばれる
func peripheral(peripheral: CBPeripheral!,
    didDiscoverCharacteristicsForService service: CBService!,
    error: NSError!)
{
    if (error != nil) {
        println("エラー: \(error)")
        return
    }

    let characteristics: NSArray = service.characteristics

    for obj in characteristics {

        if let characteristic = obj as? CBCharacteristic {


                // 更新通知受け取りを開始する
                peripheral.setNotifyValue(
                    true,
                    forCharacteristic: characteristic)
        }
    }


}

    // Notify開始/停止時に呼ばれる
    func peripheral(peripheral: CBPeripheral!,
    didUpdateNotificationStateForCharacteristic characteristic: CBCharacteristic!,
    error: NSError!)
{
    if error != nil {

        println("Notify状態更新失敗...error: \(error)")
    }
    else {
        println("Notify状態更新成功!characteristic UUID:\(characteristic.UUID), isNotifying: \(characteristic.isNotifying)")
    }
}

// データ更新時に呼ばれる
func peripheral(peripheral: CBPeripheral!,
    didUpdateValueForCharacteristic characteristic: CBCharacteristic!,
    error: NSError!)
{
    if error != nil {
        println("データ更新通知エラー: \(error)")
        return
    }

    println("データ更新! characteristic UUID: \(characteristic.UUID), value: \(characteristic.value)")

    /**
    Sensor Tag の場合 ボタンから
    * <00>
    * ボタンが離された
    * <01>
    * 右ボタンが押された
    * <02>
    * 左ボタンが押された
    のいずれかの NSData が返ってくる
    */

    var keyPress : UInt8 = 0
    characteristic.value .getBytes(&keyPress, length: 1)

    chara = characteristic.value
    println("キャラの中身は\(chara)です")

    if (keyPress == 0){
        println("ボタンは押されていない")
        label?.text = "押されていない"
    } else if (keyPress == 1){
        label?.text = "右"
        println("右のボタンが押されている")
    } else if (keyPress == 2){
        label?.text = "左"
        println("左のボタンが押されている")
    } else if (keyPress == 3){
          }
      }


   // =========================================================================
// MARK: Actions

@IBAction func scanBtnTapped(sender: UIButton) {

    if !isScanning {

        isScanning = true

        self.centralManager.scanForPeripheralsWithServices(nil, options: nil)

        sender.setTitle("STOP SCAN", forState: UIControlState.Normal)
    }
    else {

        self.centralManager.stopScan()

        sender.setTitle("START SCAN", forState: UIControlState.Normal)

        isScanning = false
       }
   }
}

NextViewController.swift

import UIKit

class NextViewController: UIViewController {

 @IBOutlet weak var label2: UILabel!

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    var chara2 = ViewController().chara
    println(chara2)

    var keyPress2 : UInt8 = 0
    chara2 .getBytes(&keyPress2, length: 1)
    println(keyPress2)

    if (keyPress2 == 0){
        println("ボタンは押されていない2")
    } else if (keyPress2 == 1){
        println("右のボタンが押されている2")
    } else if (keyPress2 == 2){
        println("左のボタンが押されている2")
    } else if (keyPress2 == 3){
        println("両方のボタンが押されている2")
    }


}

override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
// Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

SensorTagのボタンを押すたびにUILabelに「右」「左」というふうに、文字が表示されます。これを別のクラス(別のUIViewController?)では表示できません状況です。

  • 1
    「このデータを別クラスのViewControllerで表示」するコードが見当たりません。そもそもその記述がないのでしたら、なにも起こらないのはとうぜんと思いますが、いかがですか?できれば、うまくいかなかったコードであっても、追加してコードを更新なさることをお勧めします。 – Harawo 15年5月4日 2:33
  • ご指摘ありがとうございます。 うまくいかなかったコード追加させて頂きました。 – Hiroshi Takayama 15年5月4日 7:40
0

NextViewController.swiftの10行目var chara2 = ViewController().charaは、なにをしようとしているのでしょうか?ViewControllerを生成直後のプロパティcharaの値を取得しようとしているので、nilかバイト長0のデータになるはずで、そんなものを取得してなんになるんだろう?というのが、正直な私の印象です。

「segueでデータを渡す方法」は、iOSアプリを新規作成するとき、「master-Detail Application」を選択した場合に、できるテンプレートが、そのまま参考プログラムになっています。

Xcode 新規作成画面

つぶさにていねいに一行ずつコードを分析していくことで、有益なものを得ることができるでしょう。

0

「centralManagerのdelegate」も「peripheralのdelegate」もself(=ViewController)なので、centralManagerやperipheralの状態変化はviewControllerでしか分かりません。

もし複数のViewやViewControllerで、centralManagerやperipheralの状態を知りたいのであれば、centralManagerやperipheralは特定のviewの持ち物とはせず、NSObjectを継承したBLE専用のクラスを作成し、そのクラスのプロパティでcentralManagerやperipheralを持つようにすることをオススメします。

centralManager や peripheral の状態変化はself(=BLE専用のクラス)で受けて、BLE関連の状態変化を知りたいViewやViewControllerへは、
Notification もしくは delegate(protocol) もしくは KVOで通知する。
という設計がいいと思います。

これはSwiftに限らず、Objective-Cでも他の言語でも通用するアプリケーション設計の一般的な考え方だと思います。

いきなりで難しいかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする