0

下記のコードはコンパイルできており、context.go も機能します。
わからないことは、このcontextはどこで宣言されているのか?です。

そこで、print(context) を出力させたところ以下のような内容でした。

test(dirty, state: _test#b8da0(lifecycle state: created))

宣言されていないcontext変数が使える理由がわかりません。

該当のコード:

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:go_router/go_router.dart';
class test extends Statefulwidget{@override State<test>createState()=>_test();}
class _test extends State<test>{
 void check(){context.go('/');}
 @override void initState(){super.initState();check();}
 @override Widget build(buildContext context){}
}

1 件の回答 1

0

そういう仕様で実装されているということです。

詳細はAPIのヘルプを参照してください。
https://api.flutter.dev/flutter/widgets/State/context.html

簡単に訳すと「StatefulWidget.createState で State オブジェクトを作成した後、initState を呼び出す前にBuildContext に関連付けます。この関連付けはdestroy が呼び出されるまで有効です。」

実装を見る限り、contextは_elementというStatefulElementを返しています。
これはcreateStateでState作成直後に設定されているようです。

このStatefulElementはElementの孫クラスになり、ElementでBuildContextをimplementsしているのでBuildContext としても使えるということになっています。

2
  • ありがとうございます。
    – maninofu
    Commented 2023年12月3日 20:58
  • State<T extends StatefulWidget> classのプロパティにcontextがあったのですね。 build関数の引数buildContextを使う前から使えるということで納得しました。
    – maninofu
    Commented 2023年12月3日 21:05

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。