0

やったこと(ロゼッタONで、コンパイル。arm64で実行):

$ uname -m       
x86_64
$ gcc hoge.c
$ ./a.out 
こんにちは!
$ file ./a.out 
./a.out: Mach-O 64-bit executable x86_64
$ arch -arm64 zsh
Restored session: Wed Oct 11 09:00:29 JST 2023
$ uname -m    
arm64
$ ./a.out 
こんにちは!

x86_64用にコンパイルしたものが arm64で動いています。
なぜなのでしょうか? どういうときに動かなくなるのでしょうか?

hoge.cの中身は下記です。

#include <stdio.h>

int main(void){
  printf("こんにちは!\n");
  return 0;
}

くどくなるので、詳細は載せませんが、逆の場合も同様で、arm64でコンパイルしたものが、x86_64で動いていました。

1
  • Rosetta 2は「ARMプロセッサ上でIntel x86_64用アプリケーションを動作させる」技術です。動作環境CPU(Apple Mx)はARMプロセッサですから、結果的にarm64/x86_64両バイナリを実行可能です。
    – yohjp
    2023年12月22日 2:58

0

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

のタグが付いた他の質問を参照する。