1

PostgreSQL の PL/pgSQL
A5:SQL Mk2 x64 を使用しています。
Windows 11です。

以下のようなお菓子を分類する関数を作っていますが、エラーが出てしまいます。

IFで書いてみたり、CASE文の書き方を変えてみたりしましたが、うまくいきません。
何が悪いのかわかりません。
すいませんが教えてください。よろしくお願いいたします。

エラーメッセージ:

´やきもの系’もしくはその周辺で構文エラー

SQL:

CREATE OR REPLACE FUNCTION public.okashi_bunrui(okashi character varying)
 RETURNS character varying
 LANGUAGE plpgsql
AS $function$

BEGIN 
    CASE
        WHEN okashi IN ('crackers','せんべい','senbei') THEN 'やきもの系';
        
        WHEN okashi IN ('飴','アメ','candy','キャンディ') THEN 'アメ系';
        
        WHEN okashi IN ('チョコ','チョコレート','chocolate') THEN 'チョコ系';
        
        ELSE;

    END CASE;
END;
$function$
4
  • このコードそのままであれば、テーブルにしてそれを検索するほうがよいです。
    – suzukis
    2023年10月5日 5:45
  • コメントありがとうございます。元の大きいテーブルがあって、その中の商品を分類するためのplpgsqlなんですが、どの部分をテーブルにして検索するのがいいとおっしゃっているのでしょうか? もしよろしかったら教えてください
    – satoru
    2023年10月6日 1:52
  • okashiを検索して対応するbunruiを取得するというのはSELECT bunrui FROM tbl WHERE okashi=?というごく基本的な検索でできることなので、どの部分というか、全体が不要な処理です。すでにあるテーブルのokashiに対してbunruiを紐付けたい(紐付けた結果がほしい)ならJOINすればよいです。トリガとして使いたいなどどうしてもストアドプロシージャにする必要があるにしても、テーブルを検索して値を返す形にした方がよいです。
    – suzukis
    2023年10月6日 13:18
  • なるほど。joinで紐づけるだけで取得することもできるんですね。おしえてくださってありがとうございます。次の機会にやってみます
    – satoru
    2023年10月9日 4:35

1 件の回答 1

0

文字列や数値を直接戻す場合はTHENの後ろの;が不要です。(THEN 'やきもの系'THEN 0など)
またELSEを記述した場合は、ELSE NULLのように戻す値を指定してください。
:=で変数への代入を直接行う命令文を記述する場合はTHENの後ろに;が必要です。(THEN bunrui := 'やきもの系';など)

蛇足ですがCASE文を書いても値を変数などに代入しないと意味がありません。
代入後の変数を末尾でreturnするコーディングが関数の基本的な使い方です。
下記のサンプルコードはCASE文を使って3種類の方法でbunrui変数に値を代入する例です。

サンプルコード

CREATE OR REPLACE FUNCTION public.okashi_bunrui(okashi character varying)
 RETURNS character varying
 LANGUAGE plpgsql
AS $function$
declare 
    bunrui character varying(20);
begin

    -- SELECT INTOで代入
    select
    CASE 
        WHEN okashi IN ('crackers','せんべい','senbei') THEN 'やきもの系'
        WHEN okashi IN ('飴','アメ','candy','キャンディ') THEN 'アメ系'
        WHEN okashi IN ('チョコ','チョコレート','chocolate') THEN 'チョコ系'
        -- ELSE NULL -- 省略可
    END
    into bunrui;

    -- CASE文の戻り値を代入
    bunrui := CASE 
                  WHEN okashi in ('crackers','せんべい','senbei') THEN 'やきもの系'
                  WHEN okashi IN ('飴','アメ','candy','キャンディ') THEN 'アメ系'
                  WHEN okashi IN ('チョコ','チョコレート','chocolate') THEN 'チョコ系'
                  ELSE '該当なし'
              END CASE;

    -- CASE文の中で代入
    CASE 
        WHEN okashi in ('crackers','せんべい','senbei') THEN bunrui := 'やきもの系';
        WHEN okashi IN ('飴','アメ','candy','キャンディ') THEN bunrui := 'アメ系';
        WHEN okashi IN ('チョコ','チョコレート','chocolate') THEN bunrui := 'チョコ系';
        ELSE bunrui := null;
    END CASE;

    RETURN bunrui;
END;
$function$;
1
  • ご回答ありがとうございます。書いていただいたことの大部分が、情けないことに知らないことばかりでした。”蛇足ですが”と書いてくださったことも、書いていただかなかったらわかりませんでした。サンプルコードとして書いていただいた3つめの書き方を使ってうまくいきました。ありがとうございました。助かりました。
    – satoru
    2023年10月5日 3:40

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。