0

現在の状況

raspberrypi3 modelBでlibbpfを使いたく環境構築を行っています。

しかし、

bpftool btf dump file /sys/kernel/btf/vmlinux format c > vmlinux.h

とすると、パスのエラーが出たので、確認すると /sys/kernel以降がありませんでした。
調べたところ、

~/linux$ grep -E "(BPF|BTF)[_= ]" /boot/config-$(uname -r)


# CONFIG_DEBUG_INFO_BTF is not set

となっており、Build kernel with /sys/kernel/btf/vmlinux enabledによると、

CONFIG_DEBUG_INFO_BTF=y

と.configで書き換えればい良いとのことでした。

やったこと

Raspberry Pi Documentationを基に、カーネルをダウンロードして、make bcm2711_defconfigまでを行いました。
その後、.config内で、CONFIG_DEBUG_INFO_BTFを探したところ、一致する行が無いといわれました。

知りたいこと

CONFIG_DEBUG_INFO_BTF=yにする方法。

もしくは、他の方法でvmlinuxを利用できるようにする方法。

現在の環境

uname -a
Linux Raspberrypi 6.2.0-1004-raspi #5-Ubuntu SMP PREEMPT Mon Apr  3 11:15:14 UTC 2023 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux

3
  • 単純に有効化するだけなら echo "CONFIG_DEBUG_INFO_BTF=y" >> .config で可能だけどそれでビルドできるかどうかは不明(未確認)
    – oriri
    2023年9月29日 10:21
  • それでいいんですかね、、、 とりあえず、やってみます! ありがとうございます。
    – lapis
    2023年9月29日 12:00
  • うまくできなかったです。。。
    – lapis
    2023年9月30日 2:51

1 件の回答 1

0

解決方法

wsl上で行うと、SDカード内がきちんと認識されませんでした。
実機で行うと、document通りに動かすことができました。

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。