3

オブジェクトをシンタックス文字列によってフィルタリングする関数を作っています。

obj =
  users: [
    {name:'takeda', age:'18'},
    {name:'kanako', age:'19'},
    {name:'sanada', age:'17'}
  ]

objectFilter(obj, 'users[*].age') # -> {users:[{age:18}, {age:19}, {age:17}]}

なんとか、頑張って以下のフィルタリング関数を作成することが出来ました。

フィルタリング関数

window.objectFilter = (source, syntax)->
  recur = (src, obj, elems)->
    elems = _.cloneDeep(elems)
    # console.log _.cloneDeep(src), _.cloneDeep(obj), _.cloneDeep(elems)
    elem = elems.shift()
    return src if elem == undefined
    [key, idx] = elem.split(':')
    if idx == '*'
      if key == '*'
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || []
          for i in [0...src?[k]?.length||0]
            obj[k].push recur(src?[k]?[i], obj[k][i], elems)
      else
        obj[key] = obj[key] || []
        for i in [0...src?[key]?.length||0]
          obj[key][i] = obj[key][i] || {}
          obj[key].push recur(src?[key]?[i], obj[key][i], elems)
    else if idx != undefined
      if key == '*'
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || []
          obj[k].push src[k][idx]
      else
        obj[key] = obj[key] || []
        i = parseInt(idx)
        obj[key].push recur(src?[key]?[i], obj[key][i], elems) if src?[key]?[i]
    else
      if key == '*'
        obj = obj || {}
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || {}
          obj[k] = recur(src?[k], obj[k], elems)
      else
        obj = obj || {}
        obj[key] = obj[key] || {}
        obj[key] = recur(src?[key], obj[key], elems)
    obj

  result = {}
  for v in syntax.replace(/[ ]/g,'').replace(/\]/g,'').replace(/\[/g,':').split(',')
    recur(source, result, v.split('.'))
  result

そして、このフィルタリング関数をテストするために以下の複雑なオブジェクトを作成し実行します。

フィルタリングするオブジェクト

obj =
  hoge: 'yeah!'
  fuga: {a:1, b:2, c:3}
  piyo: [
    {
      name:'takeshi'
      image: {src:'takeshi.png', info:'Smile of Takeshi'}
    },
    {
      name:'misako'
      image: {src:'misako001.png', info:'Angry of Misako'}
    },
    {
      name:'yusuke'
      image: {src:'3asdf_de.jpg', info:'happy yusuke'}
    }
  ]
  gaga: [{id:1, name:'michael'}, {id:2, name:'sally'}]
  pepe: {a:[1,2,3], b:[4,5,6], c:[7,8,9]}
  tata: {a:{token:'bdef', value:1}, b:{token:'gied', value:2}}
  kaka: {a:[{x:'1',y:'2'},{x:'3',y:'4'}], b:[{x:'5',y:'6'},{x:'7',y:'8'}]}

シンタックスはカンマ区切りで複数指定することができる仕様になっています。

実行

syntax = 'hoge, piyo[2].image.src, gaga[*].name, ora.ora, hena[*], tata.*.value, pepe.*[1], kaka.*[*].x'
objectFilter(obj, syntax)

# 結果
# {
#    hoge: 'yeah!',
#    piyo: [ {image: {src: '3asdf_de.jpg'} ],
#    gaga: [{name:'michael'}, {name:'sally'}],
#    ora: {ora: null},
#    hena: [],
#    pepe: {a:[2], b:[5], c:[8]},
#    tata: {a:{value:1}, b:{value:2}}
#    kaka: {a:[{x:'1'},{x:'3'}], b:[{x:'5'},{x:'7'}]},
# }

恐らく、フィルタリング関数は以下のような条件を満たしているものになります。

  • syntax文字列はカンマ区切りによって複数指定できる
  • piyo[2]のようなシンタックスが指定された場合、配列とみなし3番目の要素にアクセスし、配列の要素数を1にする
  • gaga[*]pepe.*のようなシンタックスが指定された場合コレクションの全要素を対象としてアクセスする
  • ora.oraのような存在しないオブジェクトが指定された場合、空のオブジェクトを作成する
  • hena[*]のような存在しない配列にアクセスが有った場合には空の配列を作成する
  • 指定したシンタックスの値がsourceオブジェクトに存在しなければnullを代入する

ちゃんと動作しているように思えます。

しかし、objectFilter(obj,'piyo[*].*.src')を実行したときのデータが正しく取得できませんでした、コードをなんども睨みつけて格闘しているのですが、どうも上手く動作してくれません。

objectFilter(obj,'piyo[*].*.src')

# 結果
# 要素が3つから4つに増え、nameにsrc:undefinedが無く
# image.srcの値が全て同じにものになってしまっている
#
# {
#   piyo:[
#     {name:{}, image:{src:"3asdf_de.jpg"}},
#     {name:{}, image:{src:"3asdf_de.jpg"}},
#     {name:{}, image:{src:"3asdf_de.jpg"}},
#     {name:{}, image:{src:"3asdf_de.jpg"}}
#   ]
# }

どこがおかしいのでしょうか?

  • 1
    XPathに基づいているJsonPathとのライブラリーで出来そうです。後は、JSON Pointerとのスペックといくつかの実装ライブラリもあります。 – Robby Cornelissen 15年4月28日 1:31
  • 色々と判断した結果、やはり関数を自作することにしましたので質問内容を大幅に変更させていだたきました。JsonPathの存在など全く知らなかったので違った意味で参考になりました。 – hojo 15年4月28日 12:00
0

以下の箇所を修正したら正しく動作しました。

画像の説明をここに入力

最終的に出来上がったコードは以下になります

window.objectFilter = (source, syntax)->
  recur = (src, obj, elems)->
    elems = _.clone(elems)
    elem = elems.shift()
    if elem == undefined
      src = null if src == undefined
      return src
    [key, idx] = elem.split(':')
    if idx == '*'
      if key == '*'
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || []
          for i in [0...src?[k]?.length||0]
            obj[k][i] = recur(src?[k]?[i], obj[k][i], elems)
      else
        obj[key] = obj[key] || []
        for i in [0...src?[key]?.length||0]
          obj[key][i] = recur(src?[key]?[i], obj[key][i], elems)
    else if idx != undefined
      if key == '*'
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || []
          obj[k][idx] = src[k][idx]
      else
        obj[key] = obj[key] || []
        i = parseInt(idx)
        obj[key][i] = recur(src?[key]?[i], obj[key][i], elems) if src?[key]?[i]
    else
      if key == '*'
        obj = obj || {}
        for k of src
          obj[k] = obj[k] || {}
          obj[k] = recur(src?[k], obj[k], elems)
      else
        obj = obj || {}
        obj[key] = obj[key] || {}
        obj[key] = recur(src?[key], obj[key], elems)
    obj

  result = {}
  for v in syntax.replace(/[ ]/g,'').replace(/\]/g,'').replace(/\[/g,':').split(',')
    recur(source, result, v.split('.'))

  do recur = (obj=result)->
    if _.isArray(obj) || _.isObject(obj)
      _.each obj, (v,k)->
        obj[k] = recur(v)
    obj = obj.filter((v)->v!=undefined) if _.isArray(obj)
    obj

こちらにもサンプルを用意させていただきました。

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする