3

xyパッケージを使ってuplatexでビルドすると以下のような警告がでます。

The produced DVI file is NOT PORTABLE. Convert it with
dvipdfm(x) to the PDF format but do not expect the DVI file itself to be
displayed correctly.

実行したソースファイルは以下の通りです。

\documentclass[uplatex, dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage[all]{xy}
\begin{document}
  \xymatrix{
            X \ar[r]^f & Y \ar[r]^g & Z   
        }
\end{document}

\documentclass{article}にすると警告は出ないので、xyと日本語環境の何かの相性が悪いようです。
PDFは期待通りに出力されますし、エラーではないので無視し続けても構わないのですが、可能なら警告が出ないようにしたいです。どうするのが良いでしょうか?

1
  • 原因については回答にある通りです。対症療法として、プリアンブルに \usepackage{silence} \WarningFilter{xypdf}{The produced DVI file is NOT PORTABLE}と入れれば警告は出なくなりました。 2023年8月26日 5:44

1 件の回答 1

4

エンジンは uplatex を使ってそのあと dvipdfmx を使っていると想定します。警告の内容は「DVI がドライバ依存で dvipdfmx 専用になっているので注意せよ」ということですが,結論としては「気にしなくて良い」と思います。警告を消す手段はないので,諦める・あるいは・xy パッケージ著者に警告を消す手段を要求する(直接メール)等になります。

  • uplatex + dvipdfmx という組み合わせを使う限り,問題は起きません。
  • もしも途中の DVI を dviout (Windows) あるいは xdvi (Unix) などのビューアで見ようとすると,あるいは dvips で PostScript に変換しようとすると,不都合が起きるでしょう。しかし,dvipdfmx で PDF にしてしまえば関係ありません。

昔は DVI といえば DeVice-Independent すなわちドライバ非依存でしたが,下記の理由により最近は形骸化してしまっています:というのも,ユーザの皆さんが各自で決めた一定の手順(今回ならば uplatex + dvipdfmx)で TeX → PDF に変換することが多くなったためです。


「xyと日本語環境の何かの相性が悪い」というよりは「documentclass に dvipdfmx オプションをつけると xy パッケージが警告を出す」ということのようです。例えば

\documentclass{article}

では警告が出ず

\documentclass[dvipdfmx]{article}

では警告が出ます。逆に

\documentclass[uplatex]{jsarticle}

でも警告は出ません。

なぜ xy パッケージが警告を出すのかというと,xy パッケージが「dvipdfmx オプションを指定すると,dvipdfmx にしか解釈できない調整コード(中身の意味は難しいので割愛するが,例えば PDF に変換した時の線の太さなどの指示)を DVI ファイルに出力する」といういわゆるドライバ依存の挙動をするからです。graphicx, color, hyperref といった有名かつよく使われるパッケージが,ドライバ依存の代表格です。さらに言えば,今の時代(2020年以降)は「何もパッケージを読み込まない普通の LaTeX」すらドライバ依存性があります。そんな 2020 年代に xy パッケージ(最終更新は 2013 年なので割と古い)だけが警告を出すのはうるさく見えるかもしれませんが,気にしないのが得策でしょう。

参考:Online.tex 2020 講演資料「最近の LaTeX は○○」

1
  • 勉強になりました。ドライバはオプションで指定すべきですし、指定しないと斜め線がガタガタするので、我慢します。 2023年8月23日 13:36

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。