0

mariadb5.5から10.1へのバージョンアップを行っています。
5.5から出力したダンプファイルを10.1にリストアするのですが、一回目のリストアでは必ず失敗し、一度データベースを削除、再作成した後のリストアでは成功する、という現象に悩まされています。
エラーの内容は

ERROR 1449 (HY000) at line 44811: The user specified as a definer ('batch'@'localhost') does not exist

なのですが、'batch'@'localhost'は確かに存在しており、実際ユーザーを追加せずとも同じダンプファイルで2回目のリストアは成功します。
実際に使用しているコマンドは以下の通りです。

// mariadb5.5にて
$ mysqldump -u root -p -x -h localhost -R --opt --quick databasename | gzip > /root/backup_db/databasename.sql.gz
$ mysqldump -u root -p -x -h localhost --allow-keywords mysql | gzip > /root/backup_db/mysql.sql.gz

// mariadb10.1をインストール後
$ mysql_secure_installation
$ mysql_upgrade -u root -p
$ mysql -u root -p -h localhost
# create database databasename;
# \q
// 圧縮されていたダンプファイルを解凍後
$ mysql -u root -p -h localhost mysql < mysql.sql
$ mysql -u root -p -h localhost databasename< databasename.sql // ここで必ず失敗する

$ mysql -u root -p -h localhost
# drop database databasename;
# create database databasename;
# \q

$ mysql -u root -p -h localhost databasename< databasename.sql // ここは成功する

原因として考えられること、確認すべきこと等ありましたらご教示いただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

4
  • エラーメッセージで検索すると以下のページがヒットします。 softel.co.jp/blogs/tech/archives/5041
    – cubick
    2023年7月10日 11:59
  • @cubick ありがとうございます。 今回存在しないと言われている'batch'@'localhost'はリストア先に存在しており、特にユーザーを追加等せず同じダンプファイルで再リストアすると成功しております。 そのため、何か別の原因があるのではと考えております。
    – snks
    2023年7月10日 12:13
  • mysql データベースをインポート後、"FLUSH PRIVILEGES;" が必要なのでは? 2023年7月11日 13:04
  • 1
    @TaichiYanagiya ありがとうございます。結論FLUSH PRIVILEGES;が必要だったようです。stackoverflow.com/questions/76651657/… で頂いたコメントの通り、mysqlデータベースをリストア後、mysql_upgradeを実行したらエラーが出なくなりました(mysql_upgradeは最後にFLUSH PRIVILEGES;を実行する)。皆様本当にありがとうございました。
    – snks
    2023年7月11日 14:48

1 件の回答 1

1

結論としては FLUSH PRIVILEGES; が必要だったようです。

英語版でも同じ内容で投稿 しており、そちらで頂いたコメントの通り、データベースをリストア後、mysql_upgrade を実行したらエラーが出なくなりました。
mysql_upgrade は最後に FLUSH PRIVILEGES; を実行する)


この投稿は @snks さんのコメント の内容を元に コミュニティwiki として投稿しました。

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。