3

環境

  • Python 3.11.2

はじめに

日本語を含むオブジェクトをJSON文字列に変換する場合、ensure_ascii=Falseを指定する必要があります。

In [489]: d = {"x":"あ"}

In [490]: json.dumps(d)
Out[490]: '{"x": "\\u3042"}'

In [491]: json.dumps(d, ensure_ascii=False)
Out[491]: '{"x": "あ"}'

ensure_ascii が (デフォルト値の) true の場合、出力では入力された全ての非 ASCII 文字はエスケープされていることが保証されています。ensure_ascii が false の場合、これらの文字はそのまま出力されます。

https://docs.python.org/ja/3.11/library/json.html#json.dump

質問

なぜensure_ascii引数はデフォルトでTrueなのでしょうか?
JSON文字を出力する場合は、非ASCII文字もその出力したいケースの方が多いと思いました。

また、たとえばJavaScriptのJSON.stringfyでは、Pythonのensure_asciiに相当する引数はありません。

> console.log(JSON.stringify({ x: "あ"}));
{"x":"あ"}

なぜPythonでは、ensure_asciiのような機能が存在するのかが疑問に思いました。

Python2から続く歴史的経緯なのでしょうか?

調べたこと

以下の質問が関連しそうですが、Python2に関する質問のためか、あまり理解できませんでした。

https://stackoverflow.com/questions/40412714/using-json-dumps-with-ensure-ascii-true

4 件の回答 4

5

JSONは文字列のエンコーディングに関する規定が存在しません。json.orgなどを見れば書かれていないことが分かると思います。そのため、日本語であればShift-JISかもしれませんし、UTF-8かもしれません。

デコーダーがどのように解釈するか保証がないため、安全を考慮すればエンコーダーは非ASCII文字を全てエスケープする、という判断は妥当かと。
なお、エスケープする際はUTF-16を使用して\u1234と表現することが定められていますので、この点は曖昧性がありません。


最初のJSONの仕様であるRFC4627には、

JSON text SHALL be encoded in Unicode. The default encoding is UTF-8.

とありました。 したがって、エンコーディングがShift_JISでないことは確かだと思いました。

RFC化される前からJSONは使われていました。そもそもJavaScript上でevalでデコードできることが目的でしたし。そして、その当時はJSONを含むJavaScriptコードのエンコーディングは定められていませんでした。

後からRFC等が制定されたとしても、過去に作られたプログラムがなくなるわけではなく、互換性を考慮する必要があるわけです。

2
  • >そのため、日本語であればShift-JISかもしれませんし、UTF-8かもしれません。 最初のJSONの仕様であるRFC4627には、 >JSON text SHALL be encoded in Unicode. The default encoding is UTF-8. とありました。 したがって、エンコーディングがShift_JISでないことは確かだと思いました。
    – yuji38kwmt
    2023年6月4日 22:19
  • @yuji38kwmt 加筆しました。ご確認ください。
    – sayuri
    2023年6月4日 22:58
2

JSON は UTF-8 で符号化する必要があるのですが、このルールは JSON が最初にできた後に追加された規定です。このルール以前に作られたシステムだと非ASCII文字をUTF-8で符号化しても正しく読めない可能性があるため、ASCIIで出力したほうが無難となります。

2

公式ドキュメント :mod:`json` --- JSON encoder and decoder(cpython/json.rst at main · python/cpython · GitHub) から引用。

※ 現時点での Python では、RFC 8259 ではなくて RFC 7159 をリファレンスとしています。

JSON (JavaScript Object Notation), specified by RFC 7159 (which obsoletes RFC 4627) and by ECMA-404, is a lightweight data interchange format inspired by JavaScript object literal syntax (although it is not a strict subset of JavaScript [1] ).

Character Encodings

Be cautious when parsing JSON data from untrusted sources. A malicious JSON string may cause the decoder to consume considerable CPU and memory resources. Limiting the size of data to be parsed is recommended.

The RFC requires that JSON be represented using either UTF-8, UTF-16, or UTF-32, with UTF-8 being the recommended default for maximum interoperability.

As permitted, though not required, by the RFC, this module's serializer sets ensure_ascii=True by default, thus escaping the output so that the resulting strings only contain ASCII characters.

Other than the ensure_ascii parameter, this module is defined strictly in terms of conversion between Python objects and :class:`Unicode strings `, and thus does not otherwise directly address the issue of character encodings.

The RFC prohibits adding a byte order mark (BOM) to the start of a JSON text, and this module's serializer does not add a BOM to its output. The RFC permits, but does not require, JSON deserializers to ignore an initial BOM in their input. This module's deserializer raises a :exc:`ValueError` when an initial BOM is present.

The RFC does not explicitly forbid JSON strings which contain byte sequences that don't correspond to valid Unicode characters (e.g. unpaired UTF-16 surrogates), but it does note that they may cause interoperability problems. By default, this module accepts and outputs (when present in the original :class:`str`) code points for such sequences.

1

Pythonの以下の処理は, 何を表示しようとしてるかは分かっても
結果が見える場合と見えない場合があります
日本語フォントや絵文字フォントがロードされてれば, 日本語や絵文字が表示されるけど, なければトーフ(豆腐: たぶん何らかの四角のようなもの) になるはず

>>> '\N{GRINNING FACE}'
'😀'

JSON仕様はこちら

それによると

  1. 文字列
    文字列の表現は、プログラミング言語のCファミリーで用いられている規定に似ています。文字列は、引用符で始まり、引用符で終わります。エスケープしなければならない(MUST)文字(引用符、バックスラッシュ、および制御文字(U+0000からU+0000))を除くすべてのUnicode文字を引用符内に置くことができます。
    任意の文字をエスケープできます。文字が基本多言語面(U+0000からU+FFFF)にある場合、6文字のシーケンス(バックスラッシュの後に小文字のu、その後にその文字のコードポイントをエンコードした4桁の16進が続く)として表すことができます。16進文字のAからFは、大文字でも小文字でもかまいません。したがって、例えば、1つのバックスラッシュ文字のみを含む文字列は、「\u005C」と表すことができます。
    または、いくつかのよく知られている2文字のシーケンス・エスケープ表現もあります。したがって、例えば、1つのバックスラッシュ文字のみを含む文字列は、「\」と、よりコンパクトに表すことができます。
    基本多言語面にない拡張文字をエスケープするためには、UTF-16サロゲート・ペアをエンコードした12文字のシーケンスとして文字を表します。したがって、例えば、ト音記号(U+1D11E)のみを含む文字列は、「\uD834\uDD1E」と表すことができます。
  1. 文字列と文字に関する課題
    8.1. 文字エンコーディング
    閉じたエコシステムの一部ではないシステムの間で交換されるJSONテキストは、UTF-8[RFC3629]を用いてエンコードしなければなりません(MUST)。

基本多言語面 にひらがななども含まれます
「表すことができます」としか記されてなさそうなので,
(そのデフォルトが Python2 との関連であったかもだが) あとは 状況により選択するのでは?

  • 視認性重視するかどうか (先頭に記したこと)
  • i18n 考慮する必要があるか (先頭に記したこと)
  • サイズ考慮する必要があるか (Unicode エスケープシーケンス使うなら少しサイズが大きくなる)
  • 脆弱性の考慮 (たとえばスパムメール対策で全角表現するように, エスケープする方がよい場合も)
  • その他

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。