3

C#のDataGridViewのCellにDatePickerを入れて編集可能にし、
編集が終わったタイミングでデータベースを更新するプログラムを作成中です。

この際、Cellの編集が終わったことを検知する必要がありますが、
ググるとこの辺りはノウハウがたくさんあり情報の絞り込みが難しいです。
(Leave ,CellEndEditなど。どれが正しいのか分かりにくいです。)

セルの編集が終わったことを検知するタイミングとしては
以下が思いついていますがどのアクションで処理を実装するのが良いでしょうか?
1.DatePickerで日付を選択後、Enterを入力したタイミング
2.DatePickerで日付を選択後、別のセルへ移動したタイミング
 (他のフォーム部品を操作してフォーカスが喪失したときを含む)

ご教示いただきたく、よろしくお願いいたします。

--参考にされている方が大勢いるようですので、下記のコメントの内容を見易く記事にも追記します。--
・回答(回答者)
検証完了後に呼ばれるCellValidatedイベントが適当です。

またWindowsアプリの標準的な動作ではセルの編集が終了しても移動先が同じ行であればデータソースの更新は行いません。これに準拠した場合はRowValidatedとなります。

・コメント1(投稿者)
CellValidatedで試してみましたが、以下の(2)の要求が満たせなかったため、CellParsing というイベントに実装したところ、現状問題なく動作しております。CellParsing を使う場合の問題点や注意点等ありましたらご教示ください。
(1)該当セル編集後、閉じるボタン(×ボタン)を押した時、画面を閉じる前にコールされる。
(2)該当セル編集後、別の列でフィルターをかけたときにフィルター処理の前にコールされる。(エクセルのオートフィルターのよ‌​うな機能をつけております。)
CellValidated (1)○ (2)×
CellEndEdit (1)○ (2)×
CellParsing (1)○ (2)○

・コメント2(回答者)
DataGridViewの設計としてはCellParsingは入力値の解析と型変換をカスタマイズするイベントです。ですの‌​でCellParsingの実行が完了する‌​まではセルの値は変更することが可能で、途‌​中で更新を行うのはあまり望ましくないです‌​。フィルター前にEndEdit()を入れ‌​る等で回避できるのであれば別のイベントに‌​したほうが良いかと。

・コメント3(投稿者)
列のフィルター機能はDataGridViewAutoFilterColumnHeaderCellを使用しており、マウスク‌​リックした時にEndEdit()を呼んで‌​います。ですが、最初にフィルターのリスト‌​が表示され、その後フィルターの項目を選択‌​した後にCellValidatedやCe‌​llEndEditが呼ばれるため挙動がお‌​かしくなります。(更新する行をフィルター‌​で表示できなくすると更新処理ができない等‌​) 
できればフィルターの▽ボタンを押した‌​瞬間に先にデータの更新処理をしたいのです‌​。CellParsingでまだ完全にテス‌​トしていませんが、テストして問題なければ‌​本来の用途ではないとのことですが、このま‌​まCellParsingを利用するかもし‌​れません。何かコメント等ありましたらよろ‌​しくお願い致します。

・コメント4(投稿者)
CellParsingで問題が発生しました。
更新をキャンセルしたい場合に、CellBeginEditで記憶した値に戻せな‌​い場合があります。初期値がnullやDB‌​Null.Valueの場合になぜか値が元‌​に戻せなくなります。(初期値がDateT‌​ime型であれば戻せます。) これは致命的です。
CellValidatedにすると、何故かnullでも元に戻せたので、CellValidatedでの実‌​装に変更しました。この場合、先に述べたフ‌​ィルター選択時の問題がありますが、Dat‌​aDridViewのMouseClick‌​イベント内で、IsCurrentCell‌​InEditModeがtrueの場合にF‌​orm.Validate()メソッドを呼‌​ぶことで、一瞬フィルターリストも表示され‌​ますが、更新処理を先に処理することができ‌​ました。
DataDridView.Edi‌​tEnd()にするとフィルターリストが先‌​に表示されてしまうため、Validate‌​にしました。 とりあえずこれで進めてみます。

0

検証完了後に呼ばれるCellValidatedイベントが適当です。

またWindowsアプリの標準的な動作ではセルの編集が終了しても移動先が同じ行であればデータソースの更新は行いません。これに準拠した場合はRowValidatedとなります。

  • CellValidatedで試してみましたが、以下の(2)の要求が満たせなかったため、CellParsing というイベントに実装したところ、現状問題なく動作しております。CellParsing を使う場合の問題点や注意点等ありましたらご教示ください。 (1)該当セル編集後、閉じるボタン(×ボタン)を押した時、画面を閉じる前にコールされる。 (2)該当セル編集後、別の列でフィルターをかけたときにフィルター処理の前にコールされる。(エクセルのオートフィルターのような機能をつけております。) CellValidated (1)○ (2)× CellEndEdit (1)○ (2)× CellParsing (1)○ (2)○ – mame 15年4月27日 1:23
  • 1
    @mame DataGridViewの設計としてはCellParsingは入力値の解析と型変換をカスタマイズするイベントです。ですのでCellParsingの実行が完了するまではセルの値は変更することが可能で、途中で更新を行うのはあまり望ましくないです。フィルター前にEndEdit()を入れる等で回避できるのであれば別のイベントにしたほうが良いかと。 – pgrho 15年4月27日 11:24
  • 列のフィルター機能はDataGridViewAutoFilterColumnHeaderCellを使用しており、マウスクリックした時にEndEdit()を呼んでいます。ですが、最初にフィルターのリストが表示され、その後フィルターの項目を選択した後にCellValidatedやCellEndEditが呼ばれるため挙動がおかしくなります。(更新する行をフィルターで表示できなくすると更新処理ができない等) できればフィルターの▽ボタンを押した瞬間に先にデータの更新処理をしたいのです。CellParsingでまだ完全にテストしていませんが、テストして問題なければ本来の用途ではないとのことですが、このままCellParsingを利用するかもしれません。何かコメント等ありましたらよろしくお願い致します。 – mame 15年4月28日 5:51
  • CellParsingで問題が発生しました。更新をキャンセルしたい場合に、CellBeginEditで記憶した値に戻せない場合があります。初期値がnullやDBNull.Valueの場合になぜか値が元に戻せなくなります。(初期値がDateTime型であれば戻せます。) これは致命的です。CellValidatedにすると、何故かnullでも元に戻せたので、CellValidatedでの実装に変更しました。この場合、先に述べたフィルター選択時の問題がありますが、DataDridViewのMouseClickイベント内で、IsCurrentCellInEditModeがtrueの場合にForm.Validate()メソッドを呼ぶことで、一瞬フィルターリストも表示されますが、更新処理を先に処理することができました。DataDridView.EditEnd()にするとフィルターリストが先に表示されてしまうため、Validateにしました。 とりあえずこれで進めてみます。 – mame 15年4月28日 8:47

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする