0

Git でCherry-pick 後に Mergeすると同じCommitが複数できてしまいました。

以下のようにしたときに同じ内容のコミット履歴ができてしまいました。
これを解消するにはどうしたらよいでしょうか。

【前提】
Branch:A , Branch: B
【手順】
1.Branch:A のCommit1をBranch:Bにcherry-pickする
2.Branch:A のCommit2をBranch:Bにcherry-pickする
3.Branch:A をBranch:B に mergeする

例:
1.git checkout branchB
2.git cherry-pick commitid1(Branch:Aのsha1)
3.git cherry-pick commitid2(Branch:Aのsha1)
4.git merge origin/branchB

例の4が終わったあとに commitid1, commitid2 に対応する コミットの履歴が複数できてしまいました。(commitid は同じではない)
同じcommit内容が履歴に残らないようにするにはどうしたら良いでしょうか。
また、すでにPUSHされてしまった重複する履歴をまとめるもしくは削除するにはどうしたら良いでしょうか。
ご教示頂けますと幸いです。

2
  • 1
    cherry-pick しているので履歴が残るのは当然で、履歴を残したくないのであれば cherry-pick せずに merge だけ行えば良いと思うのですが、そうしない/できない理由があるのでしょうか? Commented 2022年12月5日 21:46
  • ご回答ありがとうございます。おっしゃる通りmerge を最初からすれば良いのですが、Commit1 から Commit2 の対応が入ってくるまでに時間がかかっている場合に先にCommit1 の対応をBranchBで確認したいケースです。(例えばBranchBはreleaseブランチを想定しています)
    – infinith4
    Commented 2022年12月8日 12:51

1 件の回答 1

0

次のようにコミットを行ったとき、

git init
touch hello.txt
git add .
git commit -m init
git branch branchA
git branch branchB
git checkout branchA
echo 'edit 1' >> hello.txt
git commit -am 'commit 1'
echo 'edit 2' >> hello.txt
git commit -am 'commit 2'
git checkout branchB
git cherry-pick -x branchA^^..branchA
git merge --no-edit branchA

git log コマンドを実行すると次のような結果になります:

commit 441d9cdca924b7979a0ea95e70b3a6d9df43a012 (HEAD -> branchB)
Merge: f10473e ac17f85
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:41 2022 +0900

    Merge branch 'branchA' into branchB

commit f10473ee50e5d6f1a73d5e5be95b9cadfafb00d1
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 2

    (cherry picked from commit ac17f85eda899e20952ad5d4ef41515af4174cb1)

commit ac17f85eda899e20952ad5d4ef41515af4174cb1 (branchA)
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 2

commit bd740a9896832c5a6218921fe90c3ff93d3ae438
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 1

    (cherry picked from commit d0b43f3e15de1177e1c21da4f92231eb065a978e)

commit d0b43f3e15de1177e1c21da4f92231eb065a978e
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 1

commit d7b431119cb57e33d986dcbd0c9c1c34653a2a2e (main)
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:39 2022 +0900

    init

コミットしているので履歴に残るのは当然です。履歴から抹消したいのであれば rebase でコミットを削除する必要があります。
ただしコミットはそのままでも、出力時に非表示にすることはできます。

git merge でマージしたブランチ(今回の場合はbranchA)のコミットを非表示にしたいのであれば、 --first-parentオプションが利用可能です:

$ git checkout branchB
$ git log --first-parent
commit 441d9cdca924b7979a0ea95e70b3a6d9df43a012 (HEAD -> branchB)
Merge: f10473e ac17f85
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:41 2022 +0900

    Merge branch 'branchA' into branchB

commit f10473ee50e5d6f1a73d5e5be95b9cadfafb00d1
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 2

    (cherry picked from commit ac17f85eda899e20952ad5d4ef41515af4174cb1)

commit bd740a9896832c5a6218921fe90c3ff93d3ae438
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:40 2022 +0900

    commit 1

    (cherry picked from commit d0b43f3e15de1177e1c21da4f92231eb065a978e)

commit d7b431119cb57e33d986dcbd0c9c1c34653a2a2e (main)
Author: yukihane <[email protected]>
Date:   Tue Dec 13 09:35:39 2022 +0900

    init

(コメントをうけて追記)

履歴から抹消する(cherry-pick による変更を無かったことにする)場合、いくつかやり方はありますが、今回の例のように直近に行ったのが cherry-pick だけなのであれば、git reset --hard で cherry-pick する前に戻ればよいです。
具体的には:

git init
touch hello.txt
git add .
git commit -m init
git branch branchA
git branch branchB
git checkout branchA
echo 'edit 1' >> hello.txt
git commit -am 'commit 1'
echo 'edit 2' >> hello.txt
git commit -am 'commit 2'
git checkout branchB
git cherry-pick -x branchA^^..branchA
git reset --hard @^^ # cherry-pick する直前のコミットに戻る
git merge --no-edit branchA

そうでなく、 cherry-pick 以外のコミットも混ざっている場合には、 git rebase -i で cherry-pick コミットだけを削除することになります。次のコマンドを実行後

git init
touch hello.txt
git add .
git commit -m init
git branch branchA
git branch branchB
git checkout branchA
echo 'edit 1' >> hello.txt
git commit -am 'commit 1'
echo 'edit 2' >> hello.txt
git commit -am 'commit 2'
git checkout branchB
git cherry-pick -x branchA^^..branchA
echo edit3 >> hello.txt 
git commit -am 'additional edit' # chery-pick の後に変更を加えた

git rebase -i で編集画面を開き

git rebase -i @^^^ # cherry-pick 直前のコミットを指定

cherry-pick コミット似該当する行を削除します。(今回の場合は上2行を削除)

pick 0eae88f commit 1 # cherry-pick コミットなので削除
pick 7aff1b2 commit 2 # cherry-pick コミットなので削除
pick f659246 additional edit # 削除せず残す

最後にマージして完了です。

git merge --no-edit branchA
3
  • ご回答ありがとうございます。履歴からrebase でコミットを削除する必要があるとは、git rebase -i commitid で削除する方針でしょうか。
    – infinith4
    Commented 2022年12月16日 14:13
  • はい、そうなります。 Commented 2022年12月19日 4:19
  • すみません。追加で教えてください。 git rebase -i とするとき 削除したいコミットをdropするので良いでしょうか。
    – infinith4
    Commented 2022年12月25日 4:46

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。