0

matplotlib + jupyter以外の方法でグラフを画面に表示することが可能な方法はありますか?

元のやり方の場合でも同様に質問ですが、pyinstaller等でexe化しようとする.pyファイル内での記述で完結可能ですか?

7
  • 1
    対象範囲が広すぎるように見えるので、こちらのヘルプ記事を参考に内容や条件を明確化して1問1答になるようにしてみてください。良い質問をするには? ,再現可能な短いサンプルコードの書き方 リスト的な情報ならこちらの記事とかが使えるかもしれません。12 Python Data Visualization Libraries to Explore for Business Analysis, Python Data Visualization Libraries
    – kunif
    10月4日 6:50
  • 1
    広いでしょうか…?pythonのjupyter環境下じゃないと実行できない方法以外の実行方法があるか?だけなのですが…。
    – MSAII
    10月4日 7:54
  • あ、python以外の言語は無しです
    – MSAII
    10月4日 8:11
  • 1
    この質問内容の一番簡単な答えは「ある/ない」とか「可能/不可能」だけで済んだことになります。しかしそれでは満足できないでしょう?何をどう使うかとかこの場合はどうすれば良いのかとか。そうするとコメントなり質問の追記なりで続くことになりますよ。
    – kunif
    10月4日 8:11
  • @kunif まずは、有るかどうか、有るとしたら例えばどんな物なのか、知りたいという事でしょう。 具体的な、「この場合はどうすれば」のような疑問が生じたら別質問として投稿してもらえば良いと思います。 少々気を回しすぎでは?
    – mjy
    10月4日 10:21

2 件の回答 2

3

Matplotlib の場合

Backends に UI のバックエンドに関して述べられています。PyQt/PySide、PyGObject、Tkinter、wxPython、macOS/Cocoa などが有るようです。

そもそも、 Jupyter を用いる方法がオプションというか、発展的な利用方法だと思います。チュートリアルQuick start guide に従うと、デフォルトのバックエンドとして Qt や Tk などが使われると思います。

自作の UI に組込む場合は、Embedding Matplotlib in graphical user interfaces で解説されています。

PyInstaller での exe 化のやり易さは、UI ライブラリにより様々と思いますが、メジャーなツールキットであれば、それぞれ解説が見つかります。

2

GUI 環境を利用する方法

GUI Programming in Python にクロスプラットホーム・フレームワークやプラットフォーム固有のフレームワークが載ってます

グラフの描画なら, UI としてではなく描画のみで, 結局 Matplotlib で行うことになるでしょう
(ユーザースクリプトで線を引くなどは可能だが, グラフになるとそれなり大変になるので)
その場合の GUI環境としては Qt, Tkinter などが候補に上がるはず

その辺りは別解で記されているとおりで,
付け加えるなら表示の際 別ウィンドウが立ち上がる … くらい

Webブラウザーを利用する方法

(実行環境に Webブラウザーが用意されてるなら …)

canvas や SVG などの機能で描画を行う はずで制御は JavaScript 経由,
matplotlib以外に次のようなグラフ・ライブラリーがあります

Python側は Flask など。
必要に応じて webbrowser --- 便利なウェブブラウザコントローラー など使用するとよいかも

(Flask and (Bokeh or Plotly) など検索すると記事が見つかる)

Matplotlib で UIなしの方法

Matplotlibのバックエンドには 2 つの種類, UI バックエンド, (画像ファイルを作成するための)ハードコピー・バックエンドがあります

There are two types of backends: user interface backends (for use in PyQt/PySide, PyGObject, Tkinter, wxPython, or macOS/Cocoa); also referred to as "interactive backends") and hardcopy backends to make image files (PNG, SVG, PDF, PS; also referred to as "non-interactive backends").

後者の中で, Agg レンダラー (Agg which uses the Anti-Grain Geometry ライブラリー) を使用すると, 手軽に(小さいフットプリントで) ファイル作成が可能

imgcat で画像表示


また, sixelに対応しているターミナルエミュレーターがあるなら以下を利用し直接描画も可能です

  • matplotlib-sixel (backend) (複数見つかったのでオリジナル不明なためリンクは省く)
  • sixelplot
  • sixel-gnuplot
1
  • GUI 環境を利用 - 別ウィンドウで表示 … するには, Jupyterでセルの先頭あたりに %matplotlib qt 入れておくと雰囲気わかります
    – oriri
    11月6日 6:50

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。