0

機械学習・深層学習を勉強していると、データを「訓練データ」「検証データ」「テストデータ」に分けることが大事だというのを見かけます。

それぞれ「訓練データ」は学習を行うデータ、「検証データ」はSVMのカーネル関数の定数などのハイパーパラメータを決めるためのデータ、「テストデータ」が学習後のモデルを評価するためのデータ、という役割を持ちますが、ディープラーニングの実装(PyTorch)の学習をしていると(勉強不足かも知れませんが)、あまり検証データを使っている実装を見かけません。(訓練データとテストデータのみ)

ディープラーニングでの検証データの使い道はどのようなものがあるのでしょうか?
また、ディープラーニングにおけるニューラルネットワークでは”ハイパーパラメータ”にはどのようなものがあるのでしょうか?

1
  • 「検証データ」「ハイパーパラメータ」についてSVMの話だったりニューラルネットワークの話だったりが出てきますが、何について聞きたいのでしょうか?ハイパーパラメータについては機械学習の手法によっても変わってくるかと思います。
    – merino
    9月24日 11:50

0

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

のタグが付いた他の質問を参照する。