0

Taro YoshinoさんのGithubで公開されているライブラリィを利用して、静止画を繰り返し撮影して動画ファイルに変換してSDカードに保存するスケッチを試してみました。
QVGAサイズで、5fpsしか速度が出ませんでした。
以前、SPRESENSE勉強会#1で、アドバイスのあった1frame撮影前後でのカメラのStart/Stopを止めても、変わりませんでした。他に、高速化する方法はありますか?

1
  • 遅い SDcard を使っているとか、そもそも SDcard の MMC mode を使っているとか、そっちを先にチェックすべきでしょう
    – 774RR
    9月14日 23:44

1 件の回答 1

0

ライブラリをご使用いただきありがとうございます。フレームレートとは関係ないのですが、バグを見つけてしまいましたので改めてダウンロードしてご使用ください。(AVIヘッダーの更新に問題がありました)

https://github.com/YoshinoTaro/AviLibrary_Arduino

さて、フレームレートが出ない件ですが、一つの原因として、774RRさんのご指摘の通り、SDカードの速度が遅いことが考えられます。少なくとも物理フォーマットした直後のSDカードで試してみてください。

あと、サンプルのコードですがタイムラプスで使用することを想定していたため、あまりフレームレートは出ません。SPRESENSEのカメラはストリーミング機能があるので、そちらを活用すれば、20フレーム以上は出ると思います。サンプルのコードを以下に示します。

#include <Camera.h>
#include <SDHCI.h>
#include "AviLibrary.h"

SDClass theSD;
File aviFile;

AviLibrary theAvi;

String filename = "movie.avi";

void CamCB(CamImage img) {
  const static uint32_t recording_time_in_ms = 10000;  /* msec */
  static uint32_t start_time = millis();

  if (img.isAvailable()) {
   uint32_t duration = millis() - start_time;
    if (duration > recording_time_in_ms) {
      theAvi.endRecording();
      theAvi.end();
      Serial.println("Movie saved");
      Serial.println(" Movie width:    " + String(theAvi.getWidth()));
      Serial.println(" Movie height:   " + String(theAvi.getHeight()));
      Serial.println(" File size (kB): " + String(theAvi.getFileSize()));
      Serial.println(" Captured Frame: " + String(theAvi.getTotalFrame())); 
      Serial.println(" Duration (sec): " + String(theAvi.getDuration()));
      Serial.println(" Frame per sec : " + String(theAvi.getFps()));
      Serial.println(" Max data rate : " + String(theAvi.getMaxDataRate()));
      theCamera.end();
      while (true) {
        digitalWrite(LED0, HIGH);
        delay(100);
        digitalWrite(LED0, LOW);
        delay(100);
      }
    } else {  
      theAvi.addFrame(img.getImgBuff(), img.getImgSize());
    }
  }
}


void setup() {
  Serial.begin(115200);
  while (!theSD.begin()) { Serial.println("insert SD card"); }

  const int buff_num = 2;
  theCamera.begin(buff_num, CAM_VIDEO_FPS_30 
    ,CAM_IMGSIZE_QVGA_H ,CAM_IMGSIZE_QVGA_V ,CAM_IMAGE_PIX_FMT_JPG ,5);

  theSD.remove(filename);
  aviFile = theSD.open(filename, FILE_WRITE);

  theAvi.begin(aviFile, CAM_IMGSIZE_QVGA_H, CAM_IMGSIZE_QVGA_V);
  theCamera.startStreaming(true, CamCB);

  Serial.println("Start recording...");
  theAvi.startRecording();
}

void loop() {}

物理フォーマット直後の ScanDisk のSDカードに10秒間録画して30fps出ました。一方、TencentのSDカードを同じ条件で試してみたところ、27fps で頻繁にコマ落ちしていました。SDカードのメーカーによってパフォーマンスは異なるようですので、様々なメーカーのSDカードを試してみて安定して録画できるものを選んだほうがよさそうです。

2
  • Yoshinoさん、アドバイスありがとうございました。
    – tokio
    9月19日 0:26
  • 1
    新しいライブラリィ内の30fps_sampleスケッチで、撮影したところ、QVGAで30fpsが出ました。 SD-cardは、SDHCのclass10(10MB/s)を使用。QVGAと小さいからか、100回ぐらい書き換え済みの物理フォーマット前でも、30fpsでした(フォーマット後も30fps)。助かりました、ありがとうございました。
    – tokio
    9月19日 0:32

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。