4

Rustにて、キーボードの入力をエミュレートするためにEnigoを使用しています。
https://docs.rs/enigo/latest/enigo/

やりたいこと

文字を入力できるenigo.key_click(Key)に渡すKeyの値として、aなど単純な文字のキーならenigo::Key::Layout(char)という形で出せます。しかし最終的に英数キーやかなキーもエミュレートしたいと考えており、enigo::Key::Raw(u16)の方を使ってキーを指定していこうとしています。

問題

enigo::Key::Raw(u16)ドキュメントにて

raw keycode eg 0x38

と書かれており、u16にはキーコードを渡せばよいということになります。しかし、どうもここの数値と入力される文字との対応関係が、例えば、"65(0x41)"なら"a"が入力されるような一般的なキーコードのそれと一致しないようなのです。
(「一般的な」とは、『質問者が記憶している』および『「キーコード」で検索するとおおかた出てくる』の意味です)

試したこと1

まず、enigo::Key::Raw(u16)に一般的なキーコードでの「かな」「英数」に相当する値を渡して実行してみました。

use enigo::{Enigo, Key, KeyboardControllable};

fn main() {
    let mut enigo = Enigo::new();

    enigo.key_click(Key::Raw(240));//英数
    //enigo.key_click(Key::Raw(242));//かな
}

どちらの場合も入力ソースの変化はなく、何も起こりませんでした。

試したこと2

"65"を指定しました。一般的なキーコードだと"a"が入力されるはずです。

use enigo::{Enigo, Key, KeyboardControllable};

fn main() {
    let mut enigo = Enigo::new();

    enigo.key_click(Key::Raw(65));
}

実行後、コンソールに入力されたのは以下でした。

.

試したこと3

use enigo::{Enigo, Key, KeyboardControllable};

fn main() {
    let mut enigo = Enigo::new();

    enigo.key_click(Key::Raw(0));
    enigo.key_click(Key::Raw(1));
    enigo.key_click(Key::Raw(2));
    enigo.key_click(Key::Raw(3));
    enigo.key_click(Key::Raw(4));
    enigo.key_click(Key::Raw(5));
    enigo.key_click(Key::Raw(6));
    enigo.key_click(Key::Raw(7));
    enigo.key_click(Key::Raw(8));
}

ひとまず手あたり次第に0~8番の文字を入力するコードを書きました。
これを実行して、コンソールに入力された文字は以下の通りです。

asdfhgzxc

つまり、対応関係としては以下のようになります。

  • 0: a
  • 1: s
  • 2: d
  • 3: f
  • 4: h
  • 5: g
  • 6: z
  • 7: x
  • 8: c
    ...
  • 65: .

このような対応関係の「キーコード」をご存知の方はいらっしゃるでしょうか? あるいは、それが見られるサイトなどはありますでしょうか。
少なくとも自分には「なんとなくキーボードの配列が関係している」以上の関係は見出せません。キー番号を一通りループさせたとしても、かな・英数がどのキーかは判別できないでしょう。

1 件の回答 1

2

質問の実行環境はmac OSのようですね。詳しくないですが、この場合はCocoaの情報を調べるのがよいと思います。
参考: Where are all the Cocoa keycodes?

なお、Enigo というライブラリのソースを見ると、これは環境毎のAPIやライブラリの薄いラッパーのようですので、WindowsやLinuxではまた違ったコードになるでしょう。(Linux環境用の Key::Raw は未実装のようです)

1
  • 1
    Cocoaのキーコードについて調べたところ、見事に一致しました。また、これを踏まえ、前から参考プロジェクトにリストアップしていた英かな(github.com/iMasanari/cmd-eikana)を詳しく掘ったところ、ソースコードに全キーコードが書いてあり、かな・英数の動作も実現できました。ありがとうございました! 8月29日 22:43

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。