-1

selenium・openpyxlを使って、節ごとプレミアリーグの第一試合の結果を抽出してエクセルへ書き込みたいです。

プレミアリーグの試合数の結果を使って勝ち点数の分析をしています。
先ずは第一試合のみ分析したいので、節ごとの勝ち点が1点より大きい試合の勝ち点を次の行へ追加したいです。

実現したい内容
❶読み込みエクセルから、節ごとを読み込み、
節ごとプレミアリーグの第一試合へ検索します。

test_read.xlsx

種別
第1節
第2節

 

節ごとで第一試合のみ抽出して、下記のエクセルのように書き込みたいです。

・勝ち点数が1より大きい場合、次の行(スコア列)へ自動的に書き込みたいです。
 (次の行へ書き込みしたいのは勝ち点数を強調したいからです。)

・前の行の種別,日時の値をコピーして自動的に書き込みたいです。
・アウェイチームも次の行へ書き込みたいです。
・勝ち点数が1より小さい場合、特に何もせずtest_read.xlsxの次の行へ繰り返していきます。

test_write.xlsx
※ヘッダー予め書き込んでおります。

種別,日時,ホーム/アウェイ(チーム),スコア
第1節,8/5(金) 28:00,クリスタル・パレス,0 - 2
第1節,8/5(金) 28:00,アーセナル,2
第2節,8/13(土)20:30,アストン・ヴィラ,2 - 1
第2節,8/13(土)20:30,エヴァートン,2

第n節が増えると下記の様に出力したいです。
※第3節、第4節まだ行われていません。

種別,日時,ホーム/アウェイ(チーム),スコア
第1節,8/5(金) 28:00,クリスタル・パレス,0 - 2
第1節,8/5(金) 28:00,アーセナル,2
第2節,8/13(土)20:30,アストン・ヴィラ,2 - 1
第2節,8/13(土)20:30,エヴァートン,2
第3節,8/20(土)20:30,トッテナム,-
第3節,8/20(土)20:30,ウルヴァーハンプトン,-
第4節,8/27(土)20:30,サウサンプトン,-
第4節,8/27(土)20:30,マンチェスター・U,-

現在の結果 

問題点
勝ち点1点より大きい場合、IF分岐は問題なくされますが、
コード一部の様に前の行の値をコピーする際に次のループで繰り返しする際に上書き保存され
自動的に次の行へ書き込みされず、実現したい結果と上手くいかないです。


種別,日時,ホーム/アウェイ(チーム),スコア
第2節,"8/13(土)20:30",クリスタル・パレス,0 - 2
第2節,"8/13(土)20:30",エヴァートン,2

コード一部

 #勝ち点が1以上であれば、現在の行a2〜a3をコピ~
 if int(winning_points) > 1:
    
  #a2行をコピ次の行へ貼り付け
  ws2["a2"] = ws2["a3"].value
  
  #b2行をコピ次の行へ貼り付け
  ws2["b2"] = ws2["b3"].value

IF分岐後、どのように指定すれば良いでしょうか。
さらにFor文など必要でしょうか。

もし分かる方がいましたら、教えていただけると幸いです。
お手数ですが、よろしくお願い致します。

全体のコード

from multiprocessing.dummy import Condition
import openpyxl
from selenium.webdriver.common.keys import Keys
import time
from selenium.webdriver.chrome.options import Options
from selenium.webdriver.support.select import Select  
from selenium import webdriver
from webdriver_manager.chrome import ChromeDriverManager
from selenium.webdriver.common.keys import Keys
from selenium.common.exceptions import NoSuchElementException

option = Options()

#ログイン情報を維持するための設定 
# 参考→https://rabbitfoot.xyz/selenium-chrome-profile
PROFILE_PATH ="C:\\Users\\test\\AppData\\Local\\Google\\Chrome\\User Data\\" # 変更
option.add_argument('--user-data-dir=' + PROFILE_PATH)
option.add_argument('--profile-directory=Default')
#Getting Default Adapter failed error message
option.add_experimental_option('excludeSwitches', ['enable-logging'])

# ブラウザを開く設定
driver = webdriver.Chrome(executable_path=ChromeDriverManager().install() ,options=option)

#soccer yahooURL(試合結果)
URL= "https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/eng/schedule"

# URLを開く。
driver.get(URL)

#待機時間
time.sleep(3)

#エクセル読み込み
file_excel_r=r"C:\Users\test\Documents\Scrape\test_read.xlsx"
#エクセル保存
file_excel_w=r"C:\Users\test\Documents\Scrape\test_write.xlsx"

#エクセルファイルを読み込み
wb = openpyxl.load_workbook(file_excel_r)
ws = wb["Sheet1"]

#エクセルファイル書き込み
wb2 = openpyxl.load_workbook(file_excel_w)
ws2 = wb2["Sheet1"]

#1行ずつ読み込み
#2行目からループを行う
for i in range(2,ws.max_row+1):
 
 options = Options()
 options.add_argument('--headless') 
 options.add_argument('--no-sandbox')
 options.add_argument('--disable-gpu')
     
 driver = webdriver.Chrome(executable_path=ChromeDriverManager().install())

 #種別
 kinds = ws['a'+str(i)].value

 #url指定
 url="https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/eng/schedule"
 
 #検索サイトを開く
 driver.get(url)
 
 # 3秒待機
 time.sleep(3)
 
 #種別検索
 driver.find_element_by_partial_link_text(kinds).click()

 # 2秒待機
 time.sleep(2)

 #タブ切り替え
 driver.switch_to.window(driver.window_handles[0])

 #種別
 kinds_input = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[2]').text

 #種別エクセルへ入力
 ws2['a'+str(i)].value = kinds_input

 #日時
 date = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[1]').text

 #日時エクセルへ入力
 ws2['b'+str(i)].value = date

 #ホームチームエクセルへ入力
 team = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[3]/a[2]').text
 ws2['c'+str(i)].value = team

 #TOATAlスコアエクセルへ入力
 total_score = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]').text
 print(total_score) 
 ws2['d'+str(i)].value = total_score

 #勝ち点のスコアエクセルへ入力
 winning_points = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]/span').text
 print(winning_points)

 #勝ち点が1より大きい場合、現在の行a2〜a3をコピ~
 if int(winning_points) > 1:
    
  #a2行をコピ次の行へ貼り付け
  ws2["a2"] = ws2["a3"].value
  
  #b2行をコピ次の行へ貼り付け
  ws2["b2"] = ws2["b3"].value

  #次の行をアウェイチームエクセルへ入力
  away_team = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[5]/a[2]').text
  ws2['c3'].value = away_team

  #次の行を勝ち点のスコアエクセルへ入力
  score = driver.find_element_by_xpath('//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]/span').text
  print(score)
  ws2['d3'].value = score
 
#エクセル保存
 wb2.save(file_excel_w)
2
  • 行いたい手順の1つ1つが具体的に書かれていますが、何の意味があって何のためにその処理が行われるのかが良く分かりません。例えばいったん代入してから勝ち点で判断して移動・追記する(あるいはしない)よりは、最初から勝ち点で判断してそれぞれに相応しい処理を行う方がよいのでは? おそらくXY問題だと思われます。何故第一試合だけなのか、何故勝ち点数によってデータが移動・追加されるのか/その処理がされない場合はどうなるのか、今後対象の第n節が増えたらどうなるのか、といった内容を含めて全体的にどんな理由でどんな結果を得たいのか、現在の問題は何なのかということを記述したほうが良いと思われます。
    – kunif
    8月17日 1:26
  • コメントありがとうございます。説明不足で申し訳ありません。もう少し具体的に理由と問題点を記載しました。ご確認をお願い致します。
    – 幸589
    8月17日 1:33

1 件の回答 1

3
  • まず勝ち点が1より大きい場合の移動元・移動先・追加先のセル指定を特定座標の固定値で行っているのが間違いです。
    また勝ち点が1より大きい場合の最初の2つのコピー処理は方向が逆だったり、そもそもセルからコピーしなくても変数に情報があるのでそれを代入すれば良いだけです。

  • それからWebページから取ってきたデータをtest_write.xlsxのセルに書き込む際に、位置指定にfor i in range(2,ws.max_row+1):iを使っていますが、これはtest_read.xlsxの行を順番に読み込むためのカウンタであり、test_write.xlsxのセルに書き込む位置とは無関係です。左辺がws2['a'+str(i)].value = とかになっているのは間違いです。
    test_write.xlsxのセルに書き込む位置は別の変数で管理しましょう。

  • ちなみにforループの中で第n節毎にChromeドライバーオブジェクトを作成していますが、これは必要なことなのでしょうか? 最初に作ったChromeドライバーを使い回すか、少なくともforループの直前で別途作って毎回それを利用する方が良いのでは?

  • あとインデントを1桁にするのは見分け難くて間違いが起こりやすそうなので、せめて質問記事に書くときだけでもインデント4桁にした方が良いと思われます。

  • そしてforループの中で毎回wb2.save(file_excel_w)していますが、ループを終了してから行えば1回で済みます。

上記指摘を反映して、あとfind_element_**をselenium 4.3.0以後仕様に対応させた、エクセルファイル読み込み以後の処理を以下に示します。

#エクセルファイルを読み込み
wb = openpyxl.load_workbook(file_excel_r)
ws = wb["Sheet1"]

#エクセルファイル書き込み
wb2 = openpyxl.load_workbook(file_excel_w)
ws2 = wb2["Sheet1"]

'''
#### 試合データを読むためのChromeドライバを最初に作ったオブジェクトで使い回すか、
#### 以下のように for ループの外で1回だけ作成して使い回す
options = Options()
options.add_argument('--headless') 
options.add_argument('--no-sandbox')
options.add_argument('--disable-gpu')

driver = webdriver.Chrome(executable_path=ChromeDriverManager().install())
#url指定
url="https://soccer.yahoo.co.jp/ws/category/eng/schedule"  #### 1回だけ設定すれば良い処理はループの外へ(そもそも前と同じurlなので設定不要では?)
'''

ws2_data_row = 2 #### test_write.xlsx に書き込む最初の行を設定

#1行ずつ読み込み
#2行目からループを行う
for i in range(2,ws.max_row+1):

    #種別
    kinds = ws['a'+str(i)].value

    #検索サイトを開く
    driver.get(URL)  #### 最初の設定を使い回すなら大文字の URL 、ループ直前設定の別の情報を使うなら小文字の url 
    # 3秒待機
    time.sleep(3)

    #種別検索
    driver.find_element('partial link text', kinds).click()
    # 2秒待機
    time.sleep(2)

    #タブ切り替え
    driver.switch_to.window(driver.window_handles[0])

    #種別
    kinds_input = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[2]').text
    #日時
    date = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[1]').text
    #ホームチームエクセルへ入力
    team = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[3]/a[2]').text
    #TOATAlスコアエクセルへ入力
    total_score = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]').text
    #勝ち点のスコア取得(エクセルへ入力はしない)
    winning_points = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]/span').text

    ws2.cell(row=ws2_data_row, column=1).value = kinds_input  #### 第n節の第一試合の主な情報を書き込み
    ws2.cell(row=ws2_data_row, column=2).value = date
    ws2.cell(row=ws2_data_row, column=3).value = team
    ws2.cell(row=ws2_data_row, column=4).value = total_score

    #勝ち点が1より大きい場合、アウェイチーム情報を追記する
    if int(winning_points) > 1:

        ws2_data_row += 1  #### アウェイチーム情報のために行を次へ進める
        ws2.cell(row=ws2_data_row, column=1).value = kinds_input  #### 第n節と日時は同じ値を代入
        ws2.cell(row=ws2_data_row, column=2).value = date

        #次の行をアウェイチームエクセルへ入力
        away_team = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[5]/a[2]').text
        #次の行を勝ち点のスコアエクセルへ入力
        score = driver.find_element('xpath', '//*[@id="schedule"]/section/table/tbody/tr[1]/td[4]/a/p[1]/span').text

        ws2.cell(row=ws2_data_row, column=3).value = away_team  #### アウェイチーム情報書き込み
        ws2.cell(row=ws2_data_row, column=4).value = score

    ws2_data_row += 1  #### 次の節の情報のために行を次へ進める

#エクセル保存
wb2.save(file_excel_w)
1
  • 回答ありがとうございます。また指摘していただいた点についてもありがとうございます。今後質問する際に気をつけます。変数代入+ws2_data_row += 1 +1の方法勉強になりました。上記の方法で希望通りの結果になりました。
    – 幸589
    8月17日 7:42

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。