1

x86 の intel syntax にて、グローバル変数の値には [rip+a] でアクセスできるのですが、mov [rip+a], 4 のように、グローバル変数のアドレスへ新しい値を代入しようとすると、Segmentation Fault が発生します。他のレジスタの操作と同様にできると思い上記のように書こうとしていたのですが、それではダメなようで。

Segmentation Fault となるコードは下記です。

.intel_syntax noprefix
.globl main

a:
  .int 8
main:
  push rbp
  mov rbp, rsp
  sub rsp, 0
  push [rip+a]
  pop rax
  mov dword ptr [rip+a], 4  // この行を追加すると Segmentation Fault が発生
  mov rsp, rbp
  pop rbp
  ret

https://godbolt.org/ では intel syntax でアセンブリを出力する方法が見つからず、検索しても上記に関する情報が見つからず、質問させていただきました。

1 件の回答 1

2

グローバル変数の値には [rip+a] でアクセスできるのですが

  push [rip+a]
  pop rax
  mov dword ptr [rip+a], 4  // この行を追加すると Segmentation Fault が発生

いいえ、全く違います。 RIP は現在実行している命令のアドレスが格納されています。つまり[rip+a]は現在実行している命令からの相対値となります。push [rip+a]で参照されるアドレスとmov dword ptr [rip+a], 4で書き込もうとするアドレスは別となります。
正しくは

  movzx rax, dword ptr [a]
  mov dword ptr [a], 4

で可能です。


ただし、セキュリティ上、コード領域は書き換えられるべきではなく読み取り専用に設定されていることが一般的です。

a:
  .int 8
main:
  push rbp

ということは amain の4バイト手前であり、コードと同様に読み取り専用とされている可能性が高いです。 a は書き換え可能に設定されているセグメントに配置されるべきです。

1
  • 詳細かつ丁寧な回答をありがとうございます。とても勉強になりました。RIP は「現在実行している命令のアドレス」であり可変なのですね、、間違った理解のまま進むところでした。仕様も確認するようにします。 セキュリティについても触れていただきありがとうございます。セグメントについても意識するよう気をつけます。 7月30日 13:16

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。