1

AWSのセキュリティグループ設定画面ですが、TypeとProtocolが自分の中でごちゃごちゃになっています。
HTTPがアプリケーション層、TCPがトランスポート層のプロトコルかと思いますが、以下の画像の設定だとHTTPがプロトコルではなくタイプとして指定されていて、TCPをプロトコルとして指定されています。

この画像はどのように読み解くのが正解なのでしょうか?

どなたかご存知の方、またそもそもの自分の認識が間違っていたら教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

画像の説明をここに入力

1 件の回答 1

3

それぞれ次のような関係です。

  • Type
    わかりやすくするためだけの表示情報です。混乱するのであれば無視して構いません。実際この値は使われていません。
  • Protocol
    IPv4およびIPv6でのプロトコル番号を指定します。TCPであれば6となります。
  • Port Range
    ProtocolでTCPやUDPを指定した際、ポート番号を指定します。そのほかにICMPのTypeも指定できるようです。HTTPであれば80となります。

セキュリティグループを操作するAPIはAuthorizeSecurityGroupIngressなどになり、引数としてはIpProtocolFromPortToPortが該当しますが、Typeに相当する引数は存在しないことが確認できます。

1
  • わかりやすいご説明ありがとうございました!
    – yuri
    7月30日 4:54

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。