0
with tf.GradientTape() as gen_tape, tf.GradientTape() as disc_tape:
  処理1
  処理2
5
  • 1
    コンテキストマネージャー が自動的に行うことを手動で行うのなら with 使わず実現できる(はずだ)けど, デメリットしかなさそうな?
    – oriri
    5月25日 12:22
  • 8.5. with 文 の効果/仕組み等が不要と言うのなら単純に順番にopenして終わりにcloseするとか、あるいは追加して例外処理が必要なら明示的にtry: except: finally:で囲むとか 8.7. クリーンアップ動作を定義する すれば良いと思われます。同じ効果/仕組みが欲しいなら @oriri さんコメントのようにコンテキストマネージャーを使うことになるのでは?
    – kunif
    5月25日 12:53
  • 1
    「実現することができるか」という質問ではなく, たぶん「XY 問題」だと思うので, 何が問題で何を知りたいのか, 質問を編集するのがよいかも
    – oriri
    5月26日 8:20
  • @kunif 「コンテキストマネージャーを使うことになる」とかいうコメントはしてませんが
    – oriri
    5月26日 8:22
  • @oriri さん、そうですか、その辺は誤読ですかね。ただ私が見つけて回答にした記事からすると、結局はそうなるように思えました。
    – kunif
    5月26日 8:28

1 件の回答 1

1

これらの記事とPEP 343,346に情報があるようです。
with文の仕様がどんなものか、どのような動きをするものかが説明されているのでしょう。

Is Python with statement exactly equivalent to a try - (except) - finally block?
What is the equivalent try statement of the with statement?
PEP 343 – The "with" Statement
PEP 346 – User Defined ("with") Statements

こうした構文が:

with EXPR as VAR:
    BLOCK

こちらに展開されると書いてあります。

mgr = (EXPR)
exit = type(mgr).__exit__  # Not calling it yet
value = type(mgr).__enter__(mgr)
exc = True
try:
    try:
        VAR = value  # Only if "as VAR" is present
        BLOCK
    except:
        # The exceptional case is handled here
        exc = False
        if not exit(mgr, *sys.exc_info()):
            raise
        # The exception is swallowed if exit() returns true
finally:
    # The normal and non-local-goto cases are handled here
    if exc:
        exit(mgr, None, None, None)

質問のように、EXPR as VARの部分が2つ存在するのだとしたら、それぞれ用にmgr,exit,valueのセットを作成して、mgr1,exit1,value1,mgr2,exit2,value2とでもしてみれば出来そうな感じです。
完全には等価に出来ないかもしれませんが、試してみてください。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする