0

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/dg/send-email-authentication-spf.html

Amazon SES を使う場合の SPF の設定で

"v=spf1 include:amazonses.com ~all"

とかけってあるんですが
これって mail.example.co.jp からのメールだと区別するSMTPサーバーの情報がどこにもないので
確かに送信はできると思うんですが
SES を使ってる他の誰かに送信先を偽装されてしまう気がします

認識間違っていますか?

独自のSMTP用のEIPをとってそのアドレスをメールドメインMXレコードを結びつけて
Route53 と連動した設定みたいなのは必要ないんでしょうか?

2

0

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

のタグが付いた他の質問を参照する。