0

PowerShell初心者です。

早速ですが、私の外付けHDD(Sドライブ)には色々なデータがあります。
これを別の外付けHDD(Tドライブ)にコピーしてバックアップをとりたいです。
そこで作成したコードは以下です。

try{
    cp S:\XXX T:\ -Recurse
}catch{
    $error[0] | Format-List -force | Out-File "error.log"
}finally{
    Write-Output "HDDのバックアップが完了しました"
}

※try-catch文のことは正直理解できていないのですが、エラーが起きた時にどこで起きたのかログに残したいと思ったのでこのように書きました。

これでバックアップはできました。
ここからが本題なのですが、今後オリジナル(Sドライブ)にデータが追加されたり変更されたときに、それをバックアップデータ(Tドライブ)にも反映させたいです。

私が考えているイメージは以下です。

  1. オリジナルのデータがTドライブに存在しているか確認
  2. 存在していなければコピーをとる(if文?)
  3. オリジナルの全データに対して同様の確認を行う(for文?)

このようなコードはどのように作ればいいでしょうか。
また、他に良い方法があれば教えていただきたいです。

2 件の回答 2

2

単純な copy コマンドを使うより、robocopy コマンドを使った方が簡単に実現できそうです。
ただしバックアップ目的であれば最低でも /xo オプションは付与した方が良さそうです。

Windowsのrobocopyコマンドでコピーするファイルの種類を選択/変更する

デフォルトでは、robocopyは「Changed」「Newer」「Older」となっているファイルだけをコピーするようになっている。つまり、内容が変更されているか、コピー元の方が新しいか、逆にコピー元の方が古い(コピー先の方が新しい)ファイルだけをコピーする。

古いファイルをコピーさせない

xcopyの /d オプションでは、コピー元の方が古いファイルはコピーしないが、robocopy はデフォルトではこのようなファイルでもコピーする。これを変更して xcopy のようにするには /xo オプションを付ける。

0

バックアップは手段であって目的ではありません。障害時のリストアが本来の目的なはずです。そしてこの質問にはリストア計画がなく、どのようにバックアップすれば目的が達せられるかが示されていません。

今後オリジナル(Sドライブ)にデータが追加されたり変更されたときに、それをバックアップデータ(Tドライブ)にも反映させたい

この説明を読む限り、バックアップしなくてもディスクのミラーリングで済むのではと思いました。
外付けドライブとのことで、外した際に同期がとれず意味がなくなるかもしれませんが。その場合は、Windows標準機能のバックアップと復元でもいいかもしれません。

いずれにしても、どのファイルがどのように変更されたかはOSが一番よく把握しています。またバックアップモードでの読み取りといった機能もあります(robocopyであれば/bオプション)。専用ツールに任せることをお勧めします。

あまり知られていませんが、Windowsのファイルシステムの場合、A(アーカイブ)属性が存在します。ファイルの作成や変更を行うと自動的にAが付与されます。バックアップソフトはAが付与されているファイルをバックアップを行うと共にAをクリアします(robocopyであれば/mオプション)。A属性を信用できる場合は、これにより更新されたファイルを効率よく見つけることができます。ただし、属性付きでファイルコピーを行うなど、属性を明示的に操作した場合、A属性が期待と異なる状態になる可能性があるため、判断が必要です。

Copy-Itemにはそこまでの機能がありませんので、お勧めできません。

1
  • 自作スクリプトのバグ混入リスクを考えると、市販のバックアップソフトの利用が一番理にかなっていると思いますね。 5月23日 3:05

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする