1

WindowsでDLLの不足でプログラムの起動に失敗した場合、それをcmd.exeもしくはpowershell上で確認する方法はあるでしょうか

経緯は以下になります。


先日、DockerでApache用Windowsコンテナの作成時に、Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしわすれ、httpdが起動しないミスがありました。
この際に、コマンドライン上ではhttpdが起動していないのか、起動後すぐに終了したのか、がわからず、また標準出力にはエラーメッセージも特に出ないため、その原因の特定にずいぶん時間がかかってしまいました。

このケースで、Apacheコンテナが終了した時点で、その原因がDLL不足であることを特定するにはどうすればよかったでしょうか。


一部補足します。
今回のケースはネイティブで実行していれば、DLLが足りない旨のエラーダイアログがでるかとおもいますが、Windowsコンテナ上の話なのでダイアログが表示されませんし、その他のGUIの管理ツールは使えません。
で、powershellのGet-EventLogなどでエラーログを確認する方法が知りたく、今回の質問をしました。

1

1 件の回答 1

1

異常終了の原因はDLLに限らないため、それよりは正常動作していることを確認すべきです。Apacheが適切なログ出力をしているか、など、判断方法はそれぞれにあるでしょう。

また、異常終了の原因調査は「cmd.exeもしくはpowershell上で確認する方法」に限定する必要はないはずです。任意のツールで調査すればよいかと。
調査方法としてはイベントログを参照することです。不足したDLL名なども書かれているはずです。


powershellのGet-EventLogなどでエラーログを確認する方法

トラブルシューティングで言及されていますが、Microsoft がサポートするオープンソース ツールである Log Monitor でイベントログの内容を標準出力に流すことができ、これで確認できるかもしれません。
(と書こうと思ったら既にkunifさんが紹介済みでした)

1
  • ご意見ありがとうございます。補足を追記しました。
    – guest
    5月21日 14:59

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする