0

書籍「CPUの創りかた」を読み進めており、下記のような回路が出てきたのですが、なぜA地点の電圧が2.44Vなのかが分かりません。

自分で調べてみて、キルヒホップの第2法則を使うのかなと思いましたが解法を思いつきません。

是非ご教授よろしくお願い致します。

画像の説明をここに入力

1

1 件の回答 1

1

オフトピックだと思いますが考え方だけ、
下半分は10kΩと200kΩの合成抵抗になります。
なので、抵抗値は9.5238KΩ。
上の抵抗10KΩと9.5238KΩで電圧を分割すると
A点の電圧は5*9.5238÷(10+9.5238) = 2.439V ≒ 2.44Vになります。

1
  • コメントありがとうございます。ずっと悩んでいたのですが、解法をご教授して頂き自分で計算してみて納得がいきました。ありがとうございます。 5月16日 23:19

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。