0

実行環境:
Python 3.8.9
Django 4.0.3
PostgreSQL 14.2
psycopg2-binary 2.9.3
django-import-export 2.7.1

DjangoのAdmin画面で手軽にcsv操作をしたく、django-import-exportを利用しています。
テーブルXに対して、csvファイル操作(追加、更新)を、数パターン行いたいのですが、うまくいきません。

  • 問題1
    CSV_BCDのインポートは上手くいったものの、CSV_ABHのエクスポート、CSV_AEのインポートでエラー発生
    (exclude、fieldsの指定の仕方に工夫が必要なのでしょうか?)

  • 問題2
    インポートパターンに応じてclassを分けようと試みたものの、modelを共有できず、断念

どのような解決方法、対処方法があるでしょうか?

事例:
テーブルXには、7つのカラム(A、B,C、D、E、F、G)があり、
そのうちのカラムAは、AutoFieldで、primary_keyです。
以下のように、4種のインポート用csvと、1種のエクスポート用csvがあります。
(CSV_xxのxxは、テーブルXと対応するカラムになります)

インポート用csv
 CSV_BCD
  :カラムBCDの新規追加(Aが自動で採番)
 CSV_AE
  :カラムEの更新(Aが一致)
 CSV_AF
  :カラムFの更新(Aが一致)
 CSV_AG
  :カラムGの更新(Aが一致)

エクスポート用csv
 CSV_ABH
  :カラムABH(H=カラム名新規作成で、データは空)

1
  • インポート用csv, エクスポート用csvは、どういう内容なのですか? それはデータファイル(CSVファイル)なのですか、それともプログラムコードなのですか? (カラムのデータを更新する機能をもつのなら何らかのプログラム化と思いますが、プログラムのコードが全く示されていないままでは、回答してもらえない可能性が高いです。コードがあるなら、それを質問に追加して下さい。
    – Fumu 7
    4月13日 9:57

0

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする