2

rubyではgemfileでプロジェクトごとに必要なパッケージを管理できますが、
pythonではどのようにすれば良いのでしょうか。

ちなみにdjangoを使った開発を想定しています。

4

gemfile相当というと、pipのrequirements.txt が使えるのではないかと思います。

pip freeze > requirements.txt

で現在の環境の状態が収集でき

pip install -r requirements.txt

で別の環境に同じパッケージをインストールすることができます。

使用例

例えば、virtualenvであるディレクトリにインストールしたものと同じバージョンを別のディレクトリに適用したい場合

元となる環境の作成

Windows , python 2.7 の場合です。
Linuxなどでは scripts\activate コマンドを . bin/activate としてください。あとは同様にできると思います。

virtualenvでマシンの環境を汚さないように作っています。
virtualenv未導入の場合は pip install virtualenv などとしてインストールしておいてください。

ログは大分省略しています。
djangoは今日時点ではバージョン指定しなければ1.8がインストールされますが、あえて1.7を指定しています。

D:\Work\so8754>virtualenv yyy
New python executable in yyy\Scripts\python.exe
Installing setuptools, pip...done.

D:\Work\so8754>cd yyy
D:\Work\so8754\yyy>Scripts\activate

(yyy) D:\Work\so8754\yyy>pip install django==1.7
Successfully installed django-1.7

(yyy) D:\Work\so8754\yyy>pip install pillow
Successfully installed pillow-2.8.1

(yyy) D:\Work\so8754\yyy>pip freeze > requirements.txt
(yyy) D:\Work\so8754\yyy>deactivate
D:\Work\so8754\yyy>

requirements.txt の中身は以下の様になっています。

Django==1.7
Pillow==2.8.1

別の環境に適用

このファイルを使って別のディレクトリに同じパッケージをインストールします。

D:\Work\so8754\yyy>cd ..
D:\Work\so8754>virtualenv zzz
D:\Work\so8754>cd zzz
D:\Work\so8754\zzz>scripts\activate
(zzz) D:\Work\so8754\zzz>copy ..\yyy\requirements.txt .
        1 個のファイルをコピーしました。

(zzz) D:\Work\so8754\zzz>pip install -r requirements.txt
Collecting Django==1.7 (from -r requirements.txt (line 1))
  Using cached Django-1.7-py2.py3-none-any.whl
Collecting Pillow==2.8.1 (from -r requirements.txt (line 2))
  Using cached Pillow-2.8.1-cp27-none-win32.whl
Installing collected packages: Pillow, Django


Successfully installed Django-1.7 Pillow-2.8.1
(zzz) D:\Work\so8754\zzz>

djangoが1.7が入っているのがわかると思います。

パッケージバージョンの変更

また、別バージョンに更新したい場合はまず zzz\requirements.txt を以下の様に書き換えます

Django
Pillow==2.8.1

Djangoのバージョンを指定しなかったので、最新版を指定します( 用途に応じて Django==1.8 などとしても問題ありません )。
次のコマンドを実行します。

(zzz) D:\Work\so8754\zzz>pip install --upgrade -r requirements.txt
Requirement already up-to-date: Pillow==2.8.1 ...
...
      Successfully uninstalled Django-1.7
Successfully installed Django-1.8

Django 1.7 がアンインストールされて、1.8 がインストールされたことがわかると思います。

virtualenvwrapperを使う場合は、mkvirtualenv 環境名 -r requirements.txtなどとして作成と同時にインストールもできたと思います。

2

Python 3.4からデフォルトで付属するようになったpipはどうでしょうか?

1

「プロジェクトごと」とあるので, おそらくプロジェクトごとに異なるライブラリを使う想定で回答します.

virtualenv という Python のバージョンや依存ライブラリが異なる複数の環境を扱えるツールがあります.
またこれをラップした virtualenvwrapper というものもあります.

これらのツールでそのプロジェクト専用の環境を作り, setuptools (easy_install コマンド) もしくは pip でその個別の環境に依存ライブラリのパッケージをインストールすることになります.

1

Pythonプロフェッショナルプログラミング第2版 3章と9章にその辺りの話を詳しくまとめました。基本的には flied onion さんの書かれたとおりです。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする