1

gulp-rsync でファイルを同期しようとすると、以下のエラーが表示されました。

gulp-rsync: rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12)

不安定なインターネット接続や間違っている接続先の様な簡単な理由でしたら、この質問を伺いするまでではなかったので、自分の努力を報告します。
尚、接続先 (VPS) は練習用なので、IPアドレス等の情報はそのまま載せています。

import Gulp from "gulp";
import GulpRSync from "gulp-rsync";

Gulp.task(
  "Deploy",
  (): NodeJS.ReadWriteStream => Gulp.src("03-ProductionBuild/BackEndEntryPoint.js").
      pipe(GulpRSync({
        root: "03-ProductionBuild/",
        hostname: "160.251.43.156",
        port: "22",
        username: "non_root_admin",
        destination: "/var/www/yamatodaiwa.com"
      }))
);

間違っている接続先原因除外

この原因の可能性があると言われたのは以下のページです。

バックアップログにエラーが記録される場合の対処方法は | バッファロー

パスワードを聞かれたら、正しいパスワードを入力してみます。

画像の説明をここに入力

上記のがエラーが発生します。

Message:
    Error: rsync exited with code 12
    at ChildProcess.<anonymous> (D:\IntelliJ IDEA\InHouseDevelopment\yamatodaiwa.com\node_modules\gulp-rsync\rsync.js:121:17)      
    at ChildProcess.emit (node:events:390:28)
    at ChildProcess.emit (node:domain:537:15)
    at maybeClose (node:internal/child_process:1064:16)
    at Process.ChildProcess._handle.onexit (node:internal/child_process:301:5)
    at Process.callbackTrampoline (node:internal/async_hooks:130:17)

今回はパスワードをわざと間違って入力してみます。
違うエラーが発生します。

non_root_admin@160.251.43.156's password: [18:36:47] gulp-rsync: Permission denied, please try again. 

従って、バックエンド側は認証まで正常に動いています。念の為一般のターミナルで接続してみます。

画像の説明をここに入力

成功でした。

サーバー側でrsyncが入っていない原因除外

ターミナルVPSと接続しrsync -vで除外完了です。

画像の説明をここに入力

サーバー側で容量が足りない原因除外

コードで同期しようとしているファイルの BackEndEntryPoint.js はたった92.0 KBです。VPS側のディスク使用量の情報は以下の通りです。

画像の説明をここに入力


追記

下記の実験の前にSSH接続の正常性を確認しました。

通常の rsync での実行結果

>  rsync -a "03-ProductionBuild/BackEndEntryPoint.js" non_root_admin@160.251.43.156:/var/www/yamatodaiwa.com     
non_root_admin@160.251.43.156's password: 
rsync: connection unexpectedly closed (0 bytes received so far) [Receiver]
rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(235) [Receiver=3.1.3]
rsync: connection unexpectedly closed (0 bytes received so far) [sender]
rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(228) [sender=3.2.3]

-vvv オプション付き

PS D:\IntelliJ IDEA\InHouseDevelopment\yamatodaiwa.com>  rsync -a "03-ProductionBuild/BackEndEntryPoint.js" non_root_admin@160.251.43.156:/var/www/yamatodaiwa.com -vvv
opening connection using: ssh -l non_root_admin 160.251.43.156 rsync --server -vvvlogDtpre.iLsfxCIvu . /var/www/yamatodaiwa.com  (9 args)
non_root_admin@160.251.43.156's password: 
rsync: connection unexpectedly closed (0 bytes received so far) [Receiver]
rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(235) [Receiver=3.1.3]
[Receiver] _exit_cleanup(code=12, file=io.c, line=235): about to call exit(12)
rsync: connection unexpectedly closed (0 bytes received so far) [sender]
rsync error: error in rsync protocol data stream (code 12) at io.c(228) [sender=3.2.3]
[sender] _exit_cleanup(code=12, file=io.c, line=228): about to call exit(12)
4
  • rsync を実行しているのは Windows 環境のようですが、標準では rsync コマンドが使えないはずなので、どのような環境なのかも念のため記載してみてください。
    – cubick
    2月27日 6:08
  • @cubick, ローカルはWindows 10 ですが、rsyncの導入は可能です。導入方法は覚えておりませんが、chocolateyだったでしょう。バージョンは3.2.3です。
    – 徳川武
    2月27日 6:52
  • 1
    接続先サーバに該当のディレクトリは間違いなく存在していますか??/var/www/yamatodaiwa.com
    – keitaro_so
    3月4日 7:00
  • @keitaro_so いいえ、存在していません。存在していなくてもファイル・フォルダー関連手段ですから、rsyncが勝手に作ってくれるかと思っておりました。
    – 徳川武
    3月4日 8:08

1 件の回答 1

3
+50

同期に伴うファイルやフォルダの作成にも適切な権限が必要です。

コピー先に指定している non_root_admin@160.251.43.156:/var/www/yamatodaiwa.com ですが、
そもそも /var/www は一般的に root 以外のユーザーで書き込みができないようになっています。

例:

$ ls -ld /var/www
drwxr-xr-x 4 root root 4096  1月 25 23:09 /var/www/

実行ユーザーの non_root_admin が非 root ユーザーなのであれば、以下いずれかの対応が考えられます。

  • /var/www に 対して non_root_admin でも書き込めるようにする
  • /var/www/yamatodaiwa.com を事前に作成して non_root_admin でも書き込めるようにする

もしくは、non_root_admin で sudo コマンドが許可されているなら、ローカル側での rsync コマンドで
--rsync-path オプションを使う方法が手っ取り早いかもしれません。

rsync でリモート側の実行権限が非 root ユーザーの場合、ファイルの所有者情報がコピーされない

# rsync --rsync-path="sudo rsync" -auvz /path/to/SOURCE ec2-user@REMOTE:/path/to/TARGET
7
  • 御解答に感謝致します。せっかく手伝ってくださいましたのに、未だエラーが消えていなくて誠に申し訳ございません。VPSでsudo mkdir yamatodaiwa.com -m755var/www/yamatodaiwa.comを用意致しました。wwwls -laを実行しますと、drwxr-xr-x 2 root root 4096が表示されます。此の段階までは、異常が御座いませんでしょうか?
    – 徳川武
    3月5日 6:52
  • パーミッションが 755 (rwxr-xr-x) だと所有者以外に書き込み権限がありません。
    – cubick
    3月5日 7:05
  • この場合は十分でないという理解で宜しいでしょうか?777は危険すぎるそうですが、、、
    – 徳川武
    3月5日 7:09
  • ですので、回答中にも "sudo が使えるなら --rsync-path オプションを使う方法" を紹介しています。
    – cubick
    3月5日 7:22
  • コンソルに直接打ち込むといけるとしても、目標はgulp-rsyncでデプロイする事です。然し、実験の為にrsync --rsync-path="sudo rsync" -auvz "D:\IntelliJ IDEA\InHouseDevelopment\yamatodaiwa.com\03-ProductionBuild\BackEndEntryPoint.js" non_root_admin@160.251.43.156:/var/www/yamatodaiwa.comの実行を試しました。結果はThe source and destination cannot both be remote. rsync error: syntax or usage error (code 1) at main.c(1420)というエラーです。
    – 徳川武
    3月6日 5:10

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする