2

.NET Framework 4.5でWCFサービスと、それを利用するクライアントアプリケーションを作っています。
WCFサービスの引数や戻り値に使用するカスタムクラスや列挙型で、DataMember属性とかEnumMember属性を付け忘れることがあるのですが、このときにクライアント側で発生する例外のメッセージから原因を特定するのが難しく困っています。
戻り値がカスタムクラスで、そのいずれかのプロパティで使用しているenumのメンバーにEnumMember属性を付け忘れると、次のようなエラーが出ます。

Exceptionの型:System.ServiceModel.CommunicationException
メッセージ:基礎になる接続が閉じられました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました
※実際にはTargetInvocationExceptionが発生しており、そのInnerExceptionに上記のCommunicationExceptionが入っていた。

このメッセージから、データコントラクト周りの属性付け忘れの可能性があることまでは、経験として覚えました。
しかし、どこで何を付け忘れているのかという具体的な原因は、今のところひたすらコードを目視で精査している状況です。
もう少しデバッグをしやすくする手段はないものでしょうか?

例外をToStringした結果を記載しておきます。
System.Reflection.TargetInvocationException: 呼び出しのターゲットが例外をスローしました。 ---> System.ServiceModel.CommunicationException: 基礎になる接続が閉じられました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました ---> System.Net.WebException: 基礎になる接続が閉じられました: 維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました ---> System.IO.IOException: 転送接続からデータを読み取れません: 既存の接続はリモート ホストに強制的に切断されました。。 ---> System.Net.Sockets.SocketException: 既存の接続はリモート ホストに強制的に切断されました。
※以下スタックトレースは省略

1

[EnumMember]の場合CommunicationExceptionではなく内部例外のエラーメッセージを見ればフィールド名も含めて原因が分かるはずです。
excetion.ToString()をログに出力するなどしておけばよいかと。

  • すみません、該当する情報を見つけられません。InnerExceptionをたどると、順にCommunicationException→WebException→IOException→SocketExceptionnull`となりますが、どこに入っていますか? ToString()の結果は本文に追記しておきます。 – mok2pok 15年3月30日 23:51
  • 1
    @mok2pok クライアント側の話ですよね?クライアントの認識していないエラーはサーバーがエラー情報を通知する気がなければ情報は得られません。サーバー側のログを確認するか、serviceDebugなどを設定してみてはいかがでしょうか。 – pgrho 15年3月31日 11:21
1

データコントラクタをチェックするコード書いてみました。
実行時のログで調査するのも良いですが、事前に保証できるようにして置くのも
一つの方法だと思います。
単体テストでデータコントラクタを事前にチェックしておくのが良いと思いますが、
私の場合は、デバッグ実行時のみチェックが走るようにしたりしています。
ご参考まで。

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Linq;
using System.Reflection;
using System.Runtime.Serialization;

namespace Tests
{
#if DEBUG

    // テスト用にenumを宣言
    [DataContract]
    public enum MyEnum
    {
        [EnumMember]
        Enum1,

        [EnumMember]
        Enum2,

        // これがエラー
        Enum3,
    }

    // テスト用にデータコントラクタを宣言
    [DataContract]
    public class MyData
    {
        [DataMember]
        public MyEnum MyEnum { get; set; }
    }

    // データコントラクタをチェックするクラスです
    public static class DataContractChecker
    {
        // データコントラクタをインスタンスからチェックする
        // デバッグ実行時のチェックはこっちを使うと楽かもです。
        public static void Assert(object dataContract)
        {
            Debug.Assert(dataContract != null);
            Assert(dataContract.GetType());
        }

        // タイプからチェックする。
        // ユニットテストなどはこっちの方が楽かな。
        public static void Assert(Type dataContractType)
        {
            // [DataContract]属性が指定されている
            Debug.Assert(dataContractType.CustomAttributes.Any(atr => atr.AttributeType == typeof (DataContractAttribute)),
                string.Format("class {0} に DataContract属性が必要です", dataContractType.FullName));

            // [DataMember]が付いているプロパティを列挙し、そのプロパティがenumのものに絞る
            var q = dataContractType.GetProperties(BindingFlags.Instance | BindingFlags.Public)
                .Where(p => p.CustomAttributes.Any(atr => atr.AttributeType == typeof (DataMemberAttribute)))
                .Where(p => p.PropertyType.IsEnum)
                .Select(p => p.PropertyType);

            foreach (var et in q)
            {
                // enumにも[DataContract]属性が指定されている
                Debug.Assert(et.CustomAttributes.Any(atr => atr.AttributeType == typeof (DataContractAttribute)),
                    string.Format("enum {0} に DataContractAttribute属性が必要です", et.FullName));

                foreach (var ev in et.GetEnumValues())
                {
                    var en = ev.GetType().GetField(ev.ToString());

                    // enumの列挙子に[EnumMember]属性がしていされている
                    Debug.Assert(en.GetCustomAttributes(typeof (EnumMemberAttribute), false).Length == 1,
                        string.Format("enum {0} / {1} に EnumMember属性が必要です", et.FullName, en.Name));
                }
            }
        }

        // 呼び出し方のサンプルです。
        public static void Test()
        {
            Assert(typeof (MyData));
            Assert(new MyData());
        }
    }
#endif
}
0

wcfのトレースログを出力するようにconfigファイルを変更し、出力されたログを下記のツールから閲覧すると、より詳しく調べることができるかもしれません。

トレースログ出力の設定方法などは以下のMSDNページに記載があります。

cf. Service Trace Viewer Tool (SvcTraceViewer.exe)

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする