1

open processingにあるこちらのコードで分からない部分があります.

void bounce(Particle a, Particle b) {
if (sqrt(pow(a.posX - b.posX, 2) + pow(a.posY - b.posY, 2)) < (a.radius + b.radius)) {
    if (sqrt(pow(a.posX - b.posX, 2) + pow(a.posY - b.posY, 2)) > sqrt(pow(
            a.posX + a.vX - b.posX - b.vX, 2)
            + pow(a.posY + a.vY - b.posY - b.vY, 2))) {

        float commonTangentAngle = atan2(b.posX - a.posX, b.posY
                - a.posY)
                + asin(1);

最初のif文で距離を取っているのは分かるんですが,そのあとに続くifの条件分

        if (sqrt(pow(a.posX - b.posX, 2) + pow(a.posY - b.posY, 2)) > sqrt(pow(
            a.posX + a.vX - b.posX - b.vX, 2)
            + pow(a.posY + a.vY - b.posY - b.vY, 2))) {

とcommonTangentAngleの示す意味がよくわかりません.プログラミングというより物理運動の公式だと思いますが…初歩的な物理すらわからないのでひょっとすると教科書レベルの公式なのかもしれませんが詳しく教えてください.

3
    if (sqrt(pow(a.posX - b.posX, 2) + pow(a.posY - b.posY, 2)) > sqrt(pow(
        a.posX + a.vX - b.posX - b.vX, 2)
        + pow(a.posY + a.vY - b.posY - b.vY, 2))) {

このif文については、現在の2つのパーティクル間の距離が次フレームのパーティクル間の距離より大きいかどうかを判定しています。言い換えると、2つのパーティクルが互いに近接している途中なのか離反している途中なのかチェックしています。

picture

衝突が発生するのはもちろん近接している場合のみです。
ちなみにsqrtはなくても結果は同じなのでもう少しすっきり書きなおすことができます。

if (pow(a.posX - b.posX, 2) + pow(a.posY - b.posY, 2) > 
pow(a.posX + a.vX - b.posX - b.vX, 2) + pow(a.posY + a.vY - b.posY - b.vY, 2))

commonTangentAngleは反射面の角度です。

commonTangentAngle

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする