0

SPRESENSE Arduino IDE(Ver1.8.16)でプログラム作成をしています。

Arduino言語でfloatやdoubleの値を書式付ける時によく使用する dtostrf という関数ですが、以下のコンパイルエラーが出ます。

dtostrf_test:13:24: error: 'dtostrf' was not declared in this scope
      dtostrf(val1, 3, 1, s);
                           ^
exit status 1
'dtostrf' was not declared in this scope

Arduino言語では sprintf 関数がfloat/doubleに対応していないので、dtostrf をよく使用するのですが、SPRESENSE のライブラリーではサポートしていないのでしょうか?

使用例:

char s[7];
char t[7];
char buf[20];
float val1 = -10.254;
float val2 = 97.623;
dtostrf(val1, 3, 1, s);
dtostrf(val2, 3, 1, t);
sprintf(buf, "%s,%s", s, t );

よろしくお願いいたします。

1 件の回答 1

0

その①
sprintfが浮動小数点をサポートしているので、dtostrfを使わずに実装する。

  sprintf(buf, "%3.1f,%3.1f", val1, val2);

その②
Stringクラスを使って文字列に変換する。

  String ss(val1, 1);
  String tt(val2, 1);
  sprintf(buf, "%s,%s", ss.c_str(), tt.c_str());

その③
すでにdtostrfが多用されていて置き換えるのが難しい場合は、
Stringクラスにあるdtostrf関数を抜き出してローカルに定義してそれを利用する。

#ifdef ARDUINO_ARCH_SPRESENSE
char * dtostrf(double value, unsigned int width, unsigned int decimalPlaces, char* buf)
{
  char fmt[20];

  snprintf(fmt, 20, "%%%d.%df", width, decimalPlaces);
  sprintf(buf, fmt, value);
  return buf;
}
#endif

個人的には、dtostrfが特殊すぎるので、
一般的なC言語標準ライブラリの使い方である①がおススメです。

3
  • 回答ありがとうございました。 ArduinoのC++言語は特殊で、sprintf関数でfloat/doubleに対応していないので、記載いただいた「その1」は使用できません。(その代替えとしてdtostrfが実装されている様で。。) dtostrfを使ったソースを移し替えていてひっかかりました。 「その2」のStringクラスは使用したのですが、書き換えが面倒なのでdtostrfのエラーが消えたら楽かと思い、こちらで聞いてみました。 貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。
    – thumbunder
    2021年12月3日 13:30
  • なるほど。ArduinoとSPRESENSEとで共通プログラムにしたいということですね。「その3」の関数を #ifdef ARDUINO_ARCH_SPRESENSE ~ #endif で囲んでみました。これでどちらの環境でもコンパイルできるようになります。
    – kzz
    2021年12月3日 14:06
  • ありがとうございます!。こちらで試してみます。
    – thumbunder
    2021年12月3日 14:12

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする