1

いままで自分で1から作ったものしか git であつかったことがないんですが
外部で git で公開されているものを一部機能改修して使いたいと思ってます
この場合どういう手順で管理すればいいのでしょうか

clone して .git を削除して git init しなおしてから
feature branch なりをきって修正入れて自分のリポジトリに push

みたいなことをやると本家のコミット履歴を所持していないため
本家で改修があったときにそれをとりこむことができない気がするんですが方法ってありますか?

あるいは本家のコミット履歴を保持したまま
独自修正ブランチを切ってそのブランチだけリモートブランチを自分のリポジトリにするみたいなことってできるんでしょうか

自分の修正をパッチ化しておいて
本家修正があったら毎回クローンしてそれをあてるみたいな方法しか思いつかないのですが
git の機能でうまくやる方法ってあったりしますか?


fork に関して記事をよんでみたんですが

リポジトリのcloneとforkの違い

fork
他人のリポジトリを自分のアカウントのリモートリポジトリにコピーすること

オリジナルのリポジトリへの貢献が前提
forkした場合そのリポジトリを所有する開発者に通知される

GitHubのforkはリポジトリの複製 フォークの手順と、クローン、ブランチとの違い

GitHubのフォークとクローンの違い
cloneとforkは何が違うんでしょう?cloneとはリポジトリの複製を、単にローカル環境に作成することを言います。ローカルにクローンしたリポジトリに対しては、自由にコミット、プッシュ、マージをおこなうことができます。

forkすると、オリジナルのリポジトリの所有者にforkしたことが通知されます。OSSの開発などでは、forkすること=バグ潰しの手伝いをするなど貢献の意思ありと見なされることがあるようです。面識のないリポジトリオーナーにforkをおこなう際は、注意したほうが良いかも知れません。

単に公開されているリポジトリをベースにして何かを作ろう、とか、ビルドして動きを見てみようという場合ならforkではなくcloneを使うのが良いでしょう。

等とあったので少し怖いので質問した次第です

基本的にはローカル更新のみでリモートからは時々アップデートを取り込みたいだけで
本家側に影響を与えるようなことは一切したくないのですが
それでも fork が適しているんでしょうか?


追記:

本家は github でプライベートリポジトリは bitbucket で使いたいソフトウェアは MIT ライセンスです

git コマンド上での操作に関する方法論
ブランチ管理の仕方やリモートリポジトリの初期設定方法
に関しておききしたいです

ビジネスロジックとかを追加したり
あまりよくないですがパスワード情報なんかを埋め込んだりしたりした場合
当然社外に出すのはNGになるので
間違っても本家に push したりしないようにしたい 
(もちろん書き込み権限がないのではじかれるとは思いますが)
かつ 必要に応じて修正は取り込みたいと

とくに origin が本家のままだと
なにげなく push コマンドうっちゃうだけで危ないので
本家のリモートリポジトリ情報は全部消したい

という感じです

普通にビジネスだとよくあるケースだと思うんですがどうやって管理するのが普通なのかなと

  1. 本家から git clone

  2. .git の中のリモートリポジトリの情報をエディタとかで自分の bitbucket にかきかえ

  3. 本家とかぶらない独自ブランチをきって bitbucket に push
    それをマスターブランチにする

  4. 本家をとり込むときは remote add せずに
    git pull https://github.com/xxx/xxx.git master

みたいにすればやりたいことはできそうですが
これが普通なのかどうか
git 自体にもっと簡単にリモートを切り替える方法があるかを知りたいです

フォークしたことが本家に知られるのは問題ないですし
コラボしたくないわけではなく改変するしないにかかわらずバグをみつけて報告すべき内容であれば報告はします

3
  • 3
    forkすればよくないですか? 21年10月29日 4:46
  • fork に関して追記しました
    – KTI
    21年10月29日 9:02
  • 2
    次第に別の質問になってきている気がします。必要に応じて新しい質問として投稿してください。
    – cubick
    21年10月31日 7:13
5

元のリポジトリをフォークした後、上流リポジトリ (upstream) として追いかけつつ、任意のタイミングで自分が管理するブランチに適時マージをすれば良いと思います。

どうブランチを管理するかはポリシー次第なので、一概には言えません。

  • 元リポジトリの main (master) をそのまま維持し、自分のリポジトリでは別のブランチを用意する
  • 自分のリポジトリで独自に編集したものを main とし、元リポジトリの main は別のブランチ名で追いかける

いずれにしても、マージのタイミングでコンフリクトが発生した場合には、それを都度解決する必要があります。

参考:
フォークを使って作業する - GitHub Docs
上流リポジトリをフォークにマージする - GitHub Docs


追記:
フォークは Git ではなく GitHub が提供する (プルリクエスト等の) コラボレーションを目的とした機能の一つです。元リポジトリに何も影響を与えるつもりが無いのであれば、フォークから始めるメリットは薄いと思います。
フォークを使わずとも、リモートリポジトリとして設定を追加して変更を追うこと自体はもちろん可能です。

「元リポジトリのオーナーに知られるから」という理由でフォークを避けるのは、どこか違う気がします。

フォークまたは単にクローンでコピーするだけのどちらを使うかは、以下のドキュメントも参照してください。

フォークについて - GitHub Docs

リポジトリのフォークはリポジトリのコピーと似ていますが、次の 2 つの大きな違いがあります。

  • プルリクエストを使ってユーザが所有するフォークからの変更をオリジナルのリポジトリ(上流のリポジトリとも呼ばれます)に提案できます。
  • 上流のリポジトリと自分のフォークを同期させることで、上流のリポジトリからの変更を自分のローカルフォークへ持ち込めます。

(中略)

既存のリポジトリのコンテンツから新しいリポジトリを作成するが、将来にわたって変更を上流にマージしない場合、リポジトリを複製するか、リポジトリがテンプレートである場合は、リポジトリをテンプレートとして使うことができます。

5
  • fork に関して追記しました。 > マージのタイミングでコンフリクトが発生した場合には、それを都度解決する必要があります。 これは当然理解してます
    – KTI
    21年10月29日 9:04
  • 1
    元のリポジトリの所有者とコラボしたいわけでもない、コピったことを知られたくもない、ただ自分のためだけに改変して自分だけで使いたい、というのであれば、まあルールの範囲内で自分のローカルリポジトリにcloneして改変して使えばいいのではないかと思います。fetchして自分用のリモートリポジトリを持つ必要はないし、どこにもpushする必要はない。ただローカルリポジトリにcommitしていけばリビジョン管理できるかと。 元リポジトリの変更はfetchで追跡できるし、その変更をローカルリポジトリにも取り込みたくなったらmergeすればいい。そこでいつかはコンフリクトするでしょうが、それはわかっておられるとおり、都度解決するしかないですね。 21年10月29日 16:20
  • >Git ではなく GitHub が提供する機能の一つです そうなのですね bitbucket を使ってるのでそもそもフォーク自体無理なんですね
    – KTI
    21年10月31日 5:20
  • Bitbucket でもフォークは可能です 。GitHub などのホスティングサービスが提供する機能、といえば良いでしょうか。
    – cubick
    21年10月31日 5:24
  • > フォークは Git ではなく GitHub が提供する (プルリクエスト等の) コラボレーションを目的とした機能の一つです すみません git に関する知識がなさすぎるせいでかみあっていないんだと思いますが gitflowの流れの中で clone branch merge push しかしたことがなかったので具体的な git コマンド上の操作が知りたいです
    – KTI
    21年11月1日 2:57
2
  • 第三者が作成したオリジナルのリポジトリ(GitHub)
  • 自分が作成したリモートリポジトリ(Bitbucket)
  • 自分の作業用ローカルリポジトリ

上の3つのリポジトリが関わる話かと思います。

やり方はいくつかあるかと思いますが、オリジナルリポジトリ(GitHub)の変更は一旦ローカルリポジトリに取り込んだ上で、マージ作業などを行ってから自分のリモートリポジトリ(Bitbucket)に反映する、というのが安全で簡単かと思います。

上記の前提での手順は:

  1. 自分の Bitbucket スペースにオリジナルのリポジトリをインポートします(クラウド版 Bitbucket では https://bitbucket.org/repo/import から行えます)。
    "古いリポジトリ" の URL にオリジナルリポジトリのURL( https://github.com/<user-name>/<repository-name>.git ) を設定します。
  2. 上記で作成した Bitbucket 上のリモートリポジトリをローカルへ clone します:
    git clone <Bitbucket リポジトリの URL>
  3. 上記で作成したローカルリポジトリのディレクトリに入って、オリジナルのリポジトリを登録します(次の例では vendor という名前で登録していますが、別の名前でも構いません):
    git remote add vendor <オリジナルリポジトリのURL>

上の設定を行った後 git remote -v コマンドを実行すると、 origin として自分の Bitbucket リポジトリが、 vendor としてオリジナル GitHub リポジトリが登録されていることが出力されると思います。

  • git fetch --all で双方のリモートリポジトリから更新を取り込めます。
  • git branch -r で双方のリモートリポジトリのブランチを出力できます。
  • オリジナルリポジトリのブランチをチェックアウトする場合は git checkout vender/master のように、接頭に vender/ を付けるようにすれば追跡ブランチが自動で作成されません(参考)。
    • ので、オリジナルリポジトリに対して push 操作を誤って行ってしまうことを防げるかと思います。
1
  • import というのがあるんですね。別質問で origin のURLを置き換える方法を教えてもらったんですがこれで自動的に origin が自分のリポジトリになるなら安全そうです。本家の更新はめったにしないと思うので remote-add せずに git pull <本家リポジトリ> master とかやろうと思ってましたが origin 以外で登録できるなら問題なさそうです。ありがとうございます!
    – KTI
    21年11月2日 9:56

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする