0

プログラム初学者です。
Visual Studio 2019を用いてC#で機械学習のためのデータを取るプログラムを作っています。

やりたいこと

for文を回しiの値によってファイル名を変える。
一秒ごとに各種パラーメーターをtxtに出力する。

問題点

現状データが取得出来てはいるが、データが一秒ごとに取得できず、秒数がとびとびになっている。
値を一秒ごとに取得する方法をご教授ください。

試したこと

for文の中身を60以外に変更しても一秒に一回データを取ることができなかった。

現状のコード

    string fileName;
    for (int i = 0; i < 60; i++)
    {
        if (NativeThinkgear.TG_GetValueStatus(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_ATTENTION) != 0)
        {
            if (i == 0)
            {
                SystemSounds.Beep.Play();
                fileName = fileNameFolder + "data0.txt";
            }
            else if (i <= 21)
            {
                fileName = fileNameFolder + "data1to21.txt";
            }
            else if (i == 22)
            {
                SystemSounds.Beep.Play();
                fileName = fileNameFolder + "data22.txt";
            }
            else if (i <= 52)
            {
                fileName = fileNameFolder + "data23to43.txt";
            }
            else if (i == 44)
            {
                SystemSounds.Beep.Play();
                fileName = fileNameFolder + "data44.txt";
            }
            else
            {
                fileName = fileNameFolder + "data45to60.txt";
            }

            using (StreamWriter filewrite000 = new StreamWriter(fileName, true))
            {
                attention = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_ATTENTION);
                meditation = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_MEDITATION);
                delta = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_DELTA);
                theta = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_THETA);
                lowalpha = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_ALPHA1);
                highalpha = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_ALPHA2);
                lowbeta = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_BETA1);
                highbeta = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_BETA2);
                lowgamma = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_GAMMA1);
                highgamma = NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_GAMMA2);
                DateTime dt = DateTime.Now;

                filewrite000.Write(attention + ", " + meditation + ", " + delta + ", " + theta + ", " + lowalpha + ", " + highalpha + ", " + lowbeta + ", " + highbeta + ", " + lowgamma + ", " + highgamma + ", " + dt.ToString() + ", " + state+"\n");
                Console.WriteLine(" ATTENTION: MEDITATION: STATE: DELTA: THETA: LOWALPHA: HIGHALPHA: LOWBETA: HIGHBETA: LOWGAMMA: HIGHGAMMA: " + attention, +meditation, +state, +delta, +theta, +lowalpha, +highalpha, +lowbeta, +highbeta, +lowgamma, +highgamma, dt.ToString());
            }
        }

        if (NativeThinkgear.TG_GetValueStatus(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_RAW) != 0)
        {
            if (NativeThinkgear.TG_GetValueStatus(connectionID, NativeThinkgear.DataType.MWM15_DATA_FILTER_TYPE) != 0)
            {
                Console.WriteLine(" Find Filter Type: " + NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.MWM15_DATA_FILTER_TYPE) + " index: " + packetsRead);
                //break;//実装//
            }

            /* Get and print out the updated raw value */
            NativeThinkgear.TG_GetValue(connectionID, NativeThinkgear.DataType.TG_DATA_RAW);

            packetsRead++;
            if (packetsRead == 800 || packetsRead == 1600) // call twice interval than 1s (512)
            {
                errCode = NativeThinkgear.MWM15_getFilterType(connectionID);
                Console.WriteLine(" MWM15_getFilterType called: " + errCode);
            }
        }
    }
12
  • 1
    提示されたソースコードのどの部分で1秒の間隔を計っている(or決定している)のでしょう? それとfor059をループするのと何が関係しているのでしょう? あるいはデータを取得するタイミング/間隔とファイルに1秒毎に出力するのは別々の時間の尺度で動いている処理ですか? その辺の情報を追記してください。ちなみにソースコードに示された名前で検索するとこの辺のものと思われますが、そうしたものの何を使ってどうしようとしているかといった情報もあると助けになるかもしれません。NeuroSky, Documentation, Using the ThinkGear Native Library in Unity
    – kunif
    10月22日 14:52
  • TG_GetValueStatus(connectionId, TG_DATA_ATTENTION) != 0 でattentionの値が更新されたら、データを取得となっています。 なので1秒間に1回更新してるはずです。 developer.neurosky.com/docs/lib/exe/…
    – ぴちゃ
    10月22日 15:32
  • 1
    一応ここ eSense(tm) MetersBy default, output of this Data Value is enabled. It is typically output once a second.とあるので1秒毎という仕様にはなっていそうです。ただしtypicallyなので必ずしも正確ではなさそうですが。例えばファイル名変更/ビープ鳴動/データ読み出し/ファイル出力といった処理は全部削ぎ落として、TG_GetValueStatus(...) != 0でattentionの値が更新されたタイミングで、DateTime.Nowの(ミリ秒まで含んだ)値をConsole.WriteLine()するだけの確認プログラムを作って、本当に1秒毎に通知されているか試してみてはどうでしょう?
    – kunif
    10月22日 16:27
  • ちなみに関連する名前の別の情報は、また別の周期で発生していそうでraw EEG wave samples(ソースのTG_DATA_RAW?)はループ内の別の部分で処理しているようですが、そうした別々のデータの処理を1つのforループにまとめて入れていることが何か影響しているかもしれませんね。What are the different EEG Band Frequencies?, ThinkGear Data Types
    – kunif
    10月22日 17:26
  • 2
    結局、タイマークラスは試されたのでしょうか?使えない理由があるなら、回答にコメントお願いします。
    – radian
    10月25日 1:53
3

普通は、.NETの定周期処理はタイマークラスを使います。
タイマークラスも何種類かありますが、System.Timers.Timerが無難だと思います。
タイマにより一定時間間隔で処理を行うには?(サーバベースタイマ編)

提示されているソースで使用されているクラス、メソッドがどういったものか不明で、何の説明も記載されていない為、何をやってるのかさっぱり判りませんが、とびとびになっているということは、処理に1秒より多く掛かってるんじゃないですか?
Stopwatchクラスで、各処理に掛かっている時間を計測してみてください。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする