1

3つ目のfor文がなぜエラーになるのか、わかる方いらっしゃいますか?

下記のコードは各オブジェクト作成からfor文の処理まで一部始終のコードと、途中からの出力結果となります。

とてもシンプルに書いているつもりなのですが、同じ構成の3つ目のfor文でエラーがでます。

ご存知の方いらっしゃいましたらご教授のほどお願いいたします。

環境は Windows 10 です。

書いたコード

av <- 1:8    #各ベクトル作成
bv <- 1:20
cv <- 1:40

avm <- av %>% matrix(nrow = 4) %>% as.data.frame()  #各データフレーム作成
bvm <- bv %>% matrix(nrow = 4) %>% as.data.frame()
cvm <- cv %>% matrix(nrow = 4) %>% as.data.frame()

name1 <- letters[1:2]  #準備
name2 <- letters[1:5]
name3 <- letters[1:10]

colnames(avm) <- name1  #各列名入れ
colnames(bvm) <- name2
colnames(cvm) <- name3

avm;bvm;cvm  #確認

for (i in 1:2) {
  a <- avm %>% filter(avm[i]<avm[4,i]) %>% select(name1[i])
  a %>% print()
} 

for (i in 1:5) {
  a <- bvm %>% filter(bvm[i]<bvm[4,i]) %>% select(name2[i])
  a %>% print()
} 

for (i in 1:10) {
  a <- cvm %>% filter(cvm[i]<cvm[4,i]) %>% select(name3[i])
  a %>% print()
} 

出力結果 (途中から)

> avm;bvm;cvm  #確認
  a b
1 1 5
2 2 6
3 3 7
4 4 8
  a b  c  d  e
1 1 5  9 13 17
2 2 6 10 14 18
3 3 7 11 15 19
4 4 8 12 16 20
  a b  c  d  e  f  g  h  i  j
1 1 5  9 13 17 21 25 29 33 37
2 2 6 10 14 18 22 26 30 34 38
3 3 7 11 15 19 23 27 31 35 39
4 4 8 12 16 20 24 28 32 36 40

> for (i in 1:2) {
   a <- avm %>% filter(avm[i]<avm[4,i]) %>% select(name1[i])
   a %>% print()
 } 
  a
1 1
2 2
3 3
  b
1 5
2 6
3 7

> for (i in 1:5) {
   a <- bvm %>% filter(bvm[i]<bvm[4,i]) %>% select(name2[i])
   a %>% print()
 } 
  a
1 1
2 2
3 3
  b
1 5
2 6
3 7
   c
1  9
2 10
3 11
   d
1 13
2 14
3 15
   e
1 17
2 18
3 19

> for (i in 1:10) {
   a <- cvm %>% filter(cvm[i]<cvm[4,i]) %>% select(name3[i])
   a %>% print()
 } 
 エラー: Problem with `filter()` input `..1`.
i Input `..1` is `cvm[i] < cvm[4, i]`.
x undefined columns selected
Run `rlang::last_error()` to see where the error occurred.
3
  • 1
    ええとですね、cvmi という名前のカラムがある事が原因です。なので、for (idx in 1:10) { c <- cvm %>% filter(cvm[idx]<cvm[4,idx]) %>% select(name3[idx]); c %>% print() } としてみて下さい。
    – metropolis
    21年10月12日 4:27
  • 1
    それから、cvm %>% ... としていますので、filter 部分は filter(.[idx]<.[4,idx]) と書けます。
    – metropolis
    21年10月12日 4:29
  • >metropolisさん コメントありがとうございます。納得しました。解決です。エラーにundefined columns selectedと出ている点でも腑に落ちます。ありがとうございます。
    – haru
    21年10月12日 12:17
2

質問への回答に対してやや蛇足なので本来はコメント欄に書くべきとは思いますが, コメント欄ではテキストの整形ができないため回答として書きます.

%>% などを使っていることから tidyverse を使用している前提で言いますと, tidyverse の機能を使うようにすれば i, j, idx のようなインデックス専用の変数を使うことがなくなり, iidx といった列名がデータフレームにあったとしてもバッティングすることがなくなります.

まず, select には列インデックスも指定できるため, name3(idx) のような書き方はそもそも不要です.

require(tidyverse)  # 質問文には書かれていないが元コードは明らかに tidyverse 読み込まないと動作しないため
cvm <- data.frame(matrix(1:40, nrow = 4)) %>% setNames(letters[1:10])

for(idx in 1:10) filter(cvm, cvm[idx] < cvm[4, idx]) %>% select(idx) %>% print()

filter に関しても, across または filter_at を使って列インデックスを指定できます.

for(idx in 1:10) filter(cvm, across(idx, ~. < .[4])) %>% select(idx) %>% print()

# ただし filter_at は非推奨
for(idx in 1:10) filter_at(cvm, idx, ~. < .[4]) %>% select(idx) %>% print()

さらに, for文ではなく mapwalk も使えばこうなります

walk(1:10, ~filter(cvm, across(.x, ~. < .[4])) %>% select(.x) %>% print)
1
  • わかりやすい説明ありがとうございます。関数の使い方、ほか関数の応用も絡めた説明で知識が深まりました。参考にさせていただきます。
    – haru
    21年10月18日 21:57
2

皆様、どうもありがとうございました。

コメントにて解決策が提示されていましたので、他詳細をまとめて記載させていただきます。
以下、まとめです。

今回の問題点
ループ変数にしていた i が、指定データフレームの列名称 i と重複していた

解決手段
for文のループ変数の変更(i から idx へ変更)

解決後の出力結果:

> for (idx in 1:10) {
+   a <- cvm %>% filter(cvm[idx]<cvm[4,idx]) %>% select(name3[idx])
+   a %>% print()
+ } 
  a
1 1
2 2
3 3
  b
1 5
2 6
3 7
   c
1  9
2 10
3 11
   d
1 13
2 14
3 15
   e
1 17
2 18
3 19
   f
1 21
2 22
3 23
   g
1 25
2 26
3 27
   h
1 29
2 30
3 31
   i
1 33
2 34
3 35
   j
1 37
2 38
3 39

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする