0

https://github.com/yuumi3/react_book/blob/master/docs/install_mac.md を参考に進めたところ、npm start でエラーが発生してしまいます。

> hello_react@1.0.0 start
> webpack serve

[webpack-cli] Invalid options object. Dev Server has been initialized using an options object that does not match the API schema.
 - options has an unknown property 'publicPath'. These properties are valid:
   object { allowedHosts?, bonjour?, client?, compress?, devMiddleware?, headers?, historyApiFallback?, host?, hot?, http2?, https?, ipc?, liveReload?, magicHtml?, onAfterSetupMiddleware?, onBeforeSetupMiddleware?, onListening?, open?, port?, proxy?, setupExitSignals?, static?, watchFiles?, webSocketServer? }

環境は Ubuntu 20.04.3 LTS
ディレクトリ構造は参考githubと同じです。

./webpack.congig.jsの中身はこんな感じ。

module.exports = {
  entry: {
    app: "./src/index.js"
  },
  output: {
    path: __dirname + '/public/js',
    filename: "[name].js"
  },
    devServer: {
    contentBase: __dirname + '/public',
    port: 8080,
    publicPath: '/js/'
  },
  devtool: "eval-source-map",
  mode: 'development',
  module: {
    rules: [{
      test: /\.js$/,
      enforce: "pre",
      exclude: /node_modules/,
      loader: "eslint-loader"
    }, {
      test: /\.css$/,
      use: ["style-loader","css-loader"]
    }, {
      test: /\.js$/,
      exclude: /node_modules/,
      loader: 'babel-loader'
     }]
  }
};
0

こちら を見ると "^3.11.2" が指定されていますので、package.jsonを同じように書き換えた上で

  "devDependencies": {
    ...
    "webpack-dev-server": "^3.11.2"
  }

次のコマンドを実行すれば動作するでしょう。

npm install
npm start

リファレンス から辿れる移行ガイドにありますが、エラーメッセージに出ている publicPath の設定書式はバージョン 3 のものです。
説明通りコマンドを実行すると(発刊当時の2017年とは異なり)2021年現在では現行バージョンである 4 がインストールされますので、ダウングレードする必要があります。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする