0

Raspberry Piを使用して、IO制御を行うボードを開発し商用配布する予定です。
Raspberry Pi OSは、GPLライセンスを多く含むと聞いていますが、配布において
疑問があるので質問させてください。

<環境>
・OS
 Raspberry Pi OS
 ライセンス:GPLライセンス 他
・言語
 Python
 ライセンス:PSF License(BSDスタイルのGPL互換のライセンス)
・GPIO制御
 MIT License (MIT)のライブラリをipmport
 ※その他ipmportライブラリは標準のみ

Raspberry Pi OS上に、Pythonコードで、GPIOでIO制御を
行うプログラムを開発し、製品配布行う。

上記前提のもと、以下確認事項です。

1)Raspberry Pi OSは、GPLを多く含むとしていますが、Pythonエンジンが非GPLであり、
 importライブラリがMITなので、開発プログラムはGPLの影響を受けない認識です。
 そのため、ソース開示要求は発生しないし、独自の著作権を付けても良い。
 この認識であっていますでしょうか。
 
2)GPLライセンスのライブラリを静的・動的にリンクを行った場合、リンクを
 行ったソースもGPLライセンスとなりますが、Raspberry Pi OSの多くがGPL
 ライセンスとなっている中、PythonエンジンやGPIOライブラリはなぜ
 GPLライセンスの影響を受けていないのでしょうか。

3)Raspberry PiにOSを含めて配布する事となりますが、ライセンス表記は
 何をどこまで記載すれば良いでしょうか。

なにとぞ、ご教授をお願い致します。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする