1

初めまして。
初心者です。よろしくお願いします。
Jupyter Notebookで書いた文書をpdfに書き出したいと思い、以下のHPを参照して、TeX LiveとInkscapeをインストールし、メニューからFile > Download as > PDF via LaTex (.pdf)と選択して、日本語でpdfに書き出すことはどうにか成功しました。

https://mana.bi/wiki.cgi?page=Jupyter+Lab%A4%AB%A4%E9%C6%FC%CB%DC%B8%ECPDF%A4%F2%BD%D0%CE%CF%A4%B9%A4%EB2021#p4

このノートの中で、マークダウンで以下のような構造の表を書きました(実際の内容は異なります)。

| 野菜の名前 | 旬の季節 | おいしい食べ方 |
| :--- | :--- | :---| 
| キャベツ | 春から秋 | お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、茹でキャベツ、 キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん| 
| 大根 | 冬から春 | ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん | 
| トマト | 春から秋 | トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ |

3列目の”おいしい食べ方”の欄に割と長い文を書いたところ、pdfに書き出すと、表の右端が文書の外側にはみ出してしまいました。

pdfに出力した表

そこで、"おいしい食べ方"列の文中に<br>コードを入れて以下のようにセル内改行してみました。

| 野菜の名前 | 旬の季節 | おいしい食べ方 |
| :--- | :--- | :---| 
| キャベツ | 春から秋 | お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、<br>茹でキャベツ、 キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん| 
| 大根 | 冬から春 | ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、<br>刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん | 
| トマト | 春から秋 | トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、<br>ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ |

すると、以下のように、ノートブック上ではきちんと表示されました。

野菜の名前 旬の季節 おいしい食べ方
キャベツ 春から秋 お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、
茹でキャベツ、 キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん
大根 冬から春 ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、
刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん
トマト 春から秋 トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、
ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ

ところが、pdfに書き出すと、<br>が無視されてしまうようで、やはり一行で表示され、表の右端がはみ出してしまいます。

pdfに書き出した時に表がはみ出ないようにするには、またはセル内改行をするには、どうしたらよいのか教えていただけないでしょうか。

また、ついでなのですが、表に<br>を入れると、pdfに書き出す際に"505: Internal Server Error"となって失敗することがあります。なぜなのかご存じでしたら教えてください。

よろしくお願いします。

9
  • もしかしたら使っている版数の問題かもしれませんね。こんな記事があるようです。nbconvert のテンプレートの書き方が変わったらしい
    – kunif
    9月28日 0:08
  • 一旦 LaTeX コードで書き出して、longtable のパラメータを p{30em} などに変更してから eLaTeX でコンパイルすると希望通りになりますが、面倒くさいですよね。。。
    – metropolis
    9月28日 0:50
  • @kunif コメントありがとうございます。nbconvertというのはよく仕様が変わるのですね。Jupyter NotebookもTeX LiveもInkscapeも最近一週間以内にダウンロードしたばかりで、最新のものだと思うのですが。どの版ならOKなのかまで追求するエネルギーがありません・・・。
    – meow909
    9月28日 1:30
  • @metropolis 一応回避策はあるのですね。ありがとうございます。にっちもさっちも行かなくなったら試してみたいと思います。
    – meow909
    9月28日 1:38
  • まあ新たに見つかったor対応し切れていない問題かもしれないので、開発元のIssuesを検索したり、無ければ新しいIssueを立ててみてはどうでしょう?
    – kunif
    9月28日 4:09
0

Markdown code を PDF に変換する場合、実際には jupyter-nbconvertpandocMarkdown code -> LaTeX code -> PDF へと変換されています。

問題と見做されている件のテーブルですが、LaTeX コードでは以下の様に変換されています。

\begin{longtable}[]{@{}lll@{}}
\toprule
野菜の名前 & 旬の季節 & おいしい食べ方\tabularnewline
\midrule
\endhead
キャベツ & 春から秋 &
お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、茹でキャベツ、
キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん\tabularnewline
大根 & 冬から春 &
ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん\tabularnewline
トマト & 春から秋 &
トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ\tabularnewline
\bottomrule
\end{longtable}

tabular 環境の column alignment は lll となっていて、これは 1, 2, 3列目の配置を左寄せ(left-justified)するという意味になります。コメントにも書きましたが、LaTeX では以下の様な「仕様」になっています。

LaTeX/Tables: Text wrapping in tables

LaTeX's algorithms for formatting tables have a few shortcomings. One is that it will not automatically wrap text in cells, even if it overruns the width of the page. For columns that will contain text whose length exceeds the column's desired width, it is recommended that you use the p attribute and specify the desired width of the column (although it may take some trial-and-error to get the result you want).

つまり、これはバグではなく、PDF へ変換する手段として LaTeX を利用した故の必然的な結果と言えます。

以降、対処の一例を述べます(あくまでも一例です)。

LuaLaTeX を利用して LaTeX コードを PDF に変換

デフォルトでは XeLaTeX で変換が行われますが、今回は LuaLaTeX を使います。これは LuaLaTeX の機能(Lua code の実行)を利用するためです。jupyter_notebook_config.py に以下の設定を追加します。

jupyter_notebook_config.py
c.PDFExporter.latex_command = [u"lualatex", u"{filename}", "-quiet"]

※ 手元の環境の Ubuntu Linux では jupyter_notebook_config.py$HOME/.jupyter/ にあります。もしくは jupyter notebook --generate-config を実行して新規に作成します。

tabulary を利用してテーブルをレンダリング

longtable とは異なって、tabulary.sty ではカラムの幅を適当に計算してくれます。例えば左寄せで折り返しを行う場合には L を指定します(右寄せ r -> R, センタリング c -> C をそれぞれ指定)。

longtable の場合

\begin{longtable}[]{@{}lllp{30em}@{}}

tabulary の場合

\begin{tabulary}[]{@{}llL@{}}

nbconvert のテンプレートファイルに変換用のコードを追加

質問文中の記事 Jupyter Labから日本語PDFを出力する2021 の「nbconvertテンプレートの改変」で言及されている index.tex.j2 に以下のコードを追加します。

%===============================================================================
% Latex Article
%===============================================================================

((*- block docclass -*))
\documentclass[a4paper,lualatex,ja=standard]{bxjsarticle}

\usepackage{longtable}
\usepackage{tabulary}
\usepackage{luacode}

\renewenvironment{longtable}[2][]{
 \tabulary{\textwidth}{#2}
}{\endtabulary}
\renewcommand{\endhead}{}

\begin{luacode}
  luatexbase.add_to_callback('process_input_buffer',
    function (buf)
      return buf:gsub(
        '^%s*(\\begin%{longtable%}%[.*%].*@%{%})(.*)(.)(@%{%}.*)$',
        function (a, b, c, d)
          return a..b..c:upper()..d
        end)
    end, 'wrap text at last column in table')
\end{luacode}

((*- endblock docclass -*))

特に説明はしませんが、longtable 環境を tabulary 環境に置き換えて、テーブルの最後のカラムで自動折り返しを行う様に変更する処理を行っています。

\begin{longtable}[]{@{}lll@{}}

=>

\begin{tabulary}[]{@{}llL@{}}

上記の変更を行って、Download as > PDF via LaTex (.pdf) を選択した結果が以下になります。

PDF

9
  • ご回答ありがとうございます。LuaLatexに変えて必要な設定をすれば自動折り返しできるのですね!必要なコードを書いてくださったのですね。感謝申し上げます。 ご指示のように実際に設定をしてみたのですが、'Download as > PDF via LaTex (.pdf)'を選んだ後、Internal Server Errorになってしまいました。エラーコードは次のコメントに載せます。エラーの原因にお心当たりがありましたら教えていただけますでしょうか?
    – meow909
    10月12日 3:10
  • The error was: nbconvert failed: PDF creating failed, captured latex output: Failed to run "xelatex notebook.tex -quiet" command: This is XeTeX, Version 3.141592653-2.6-0.999993 (TeX Live 2021/W32TeX) (preloaded format=xelatex) restricted \write18 enabled. entering extended mode (./notebook.tex LaTeX2e <2020-10-01> patch level 4 L3 programming layer <2021-02-18> (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/latex/bxjscls/bxjsarticle.cls Document Class: bxjsarticle 2021/02/02 v2.5 BXJS document classes (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/latex/tools/calc.sty)
    – meow909
    10月12日 3:12
  • (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/latex/graphics/keyval.sty) (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/latex/bxjscls/bxjscompat.sty) (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/generic/iftex/ifpdf.sty (c:/texlive/2021/texmf-dist/tex/generic/iftex/iftex.sty)) ! Class bxjsarticle Error: Option 'lualatex' used on wrong engine. See the bxjsarticle class documentation for explanation. Type H <return> for immediate help. ...
    – meow909
    10月12日 3:13
  • l.696 ...js@engine@opt' used on wrong engine}\@ehc ? ! Emergency stop. ... l.696 ...js@engine@opt' used on wrong engine}\@ehc No pages of output. Transcript written on notebook.log.
    – meow909
    10月12日 3:13
  • 1
    ご指示のように設定したjupyter_notebook_config.pyが読み込まれるようになったようなので、再度Jupyter Notebookを立ち上げて表を含むnotebookをPDF化してみたところ、できました!!!きれいに表の中身が折り返されていました。素人には思いつかない高度な技でドンピシャな解決策をご提案下さり、本当にありがとうございました。
    – meow909
    10月13日 3:17
0

texlive-xetex の XeLatex (もしくは LuaLaTeX)で PDFを作成する場合, 内部で Pandasを使用してるようだけど, pipe_tables だと自動改行になにか問題がありそうです。

grid_tables での作表なら大丈夫そう。ただし …

  • fixed-width font のはず
  • Jupyterではプレビューできない

| 野菜の名前 | 旬の季節 | おいしい食べ方 |
| :--- | :--- | :---| 
| キャベツ | 春から秋 | Pandocは、あるマークアップ形式から他の形式へ変換する Haskell ライブラリと、そのライブラリを用いたコマンドラインツールです。
| キャベツ | 春から秋 | お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、茹でキャベツ、 キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん| 
| 大根 | 冬から春 | ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん | 
| トマト | 春から秋 | トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ |

---

+---------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------+
| 野菜の名前    | 旬の季節      | おいしい食べ方                                                                                     |
+===============+===============+====================================================================================================+
| キャベツ      | 春から秋      | お好み焼き、焼きそば、ロールキャベツ、茹でキャベツ、 キャベツ炒め、無限キャベツ、回鍋肉、ちゃんぽん|
+---------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------+
| 大根          | 冬から春      | ふろふき大根、お鍋、肉大根、大根ステーキ、刺身のつま、大根おろし、雪見鍋、大根ステーキ、おでん     |
+---------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------+
| トマト        | 春から秋      | トマトサラダ、トマトソーススパゲティ、ラタトゥイユ、トマト鍋、トマトと卵炒め、ピザ、カプレーゼ     |
+---------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------------------------------+

以下は, colabでの処理(PDF変換)結果

  • 中くらいの横線より上は, 英単語と SPCを含む行を追加することで, 改行は行われるが無駄な改行が多い (あまりに長いので下の部分だけ)
  • 中くらいの横線より下は, grid_tables により作表した場合の出力

PDFスクショ


追記

pipe_tablesで記述しておいて通常はそのまま。
PDF生成時は加工して grid_tables で … も, 可能かも

from IPython.display import Markdown
md = '''
ここに Markdown table 記述
'''
out = !echo "$md" |pandoc --from markdown --to markdown-simple_tables-pipe_tables-multiline_tables
Markdown(out.n) # ⇐ 通常は md を指定しておく
11
  • すみません。編集時間制限を超えてしまいましたので書き直します。ありがとうございます。サンプルとして書いてくださったgrid_tablesをJupyter NotebookにコピペしてPDFにしようとしたら、Internal Server Errorになってしまいました。試しに内容を減らして短くしてみましたが、やはり同じでした。
    – meow909
    10月5日 0:36
  • TexLiveではなく、colabというものでpdf化するとgrid_tablesでうまくいくかもしれないのですね。調べてみます。
    – meow909
    10月5日 0:44
  • 手元の環境 Jupyter-labに texlive-xetex texlive-lang-japanese など入れようとするとパンクしかねないので, 代わりに Colaboratory +texlive-xetex texlive-lang-japanese +pandoc +inkscape … で検証している, という意味です
    – oriri
    10月5日 2:23
  • なるほど、そうでしたか。grid_tablesというのはjupyterでは使えない表の記述法なのではないでしょうか?
    – meow909
    10月5日 7:06
  • @meow909 回答に記したとおり, grid_tablesには大きな違いが 2点あります。LaTeXを使った PDF生成では Pandocが使われ, その Pandocでは 4種類のテーブルがサポートされていて(未確認だけど)どれを使っても PDF生成可能で, そのうち pipe_tablesには自動改行に問題がありそうだ, ということ。pipe_tables ↔ grid_tables 形式の変換には, 追記に記した様な方法で可能
    – oriri
    10月5日 8:13

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする