3

CentOS 8 で、topコマンドの結果を10秒毎にログファイルに記録するシェルスクリプトを作りました。

#!/bin/sh

while true
do
  top -b -n 1 | head -30 >> /var/log/process-logger.log
  sleep 10
done

このスクリプトを systemctl でサービス起動するようにしました。サービス設定ファイルは次の内容です。

[Unit]
Description=Process Logger
After=network.target

[Service]
Type=simple
ExecStart=/home/username/process-logger/main
WorkingDirectory=/home/username/process-logger
KillMode=process
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target

その結果、topコマンドの出力プロセス名が短縮されてログファイルに記録されるようになりました。
例えば、元々は次の内容だったのが、

    6 root       0 -20       0      0      0 I   0.0   0.0   0:00.00 kworker/0:0H-kblockd
    8 root       0 -20       0      0      0 I   0.0   0.0   0:00.00 mm_percpu_wq

systemctl で起動した場合は次のようにプロセス名が途中までしかなく残りは「+」記号になります。

    6 root       0 -20       0      0      0 I   0.0   0.0   0:00.00 kworker/0+
    8 root       0 -20       0      0      0 I   0.0   0.0   0:00.00 mm_percpu+

端末でスクリプトを手動実行した場合は問題ありません。
systemctl から実行すると短縮されてしまうように見えます。

これはなぜでしょうか?
短縮せずにぜんぶ出てくるようにはできないでしょうか?

よろしくお願いします。

8
  • 2
    man top を実行して、-w オプションの項目を読んでみて下さい。
    – metropolis
    9月26日 8:18
  • @metropolis さん、ありがとうございました!
    – shimizu
    9月26日 8:38
  • 1
    top のオプション -w 512 を追加したところ、解決しました!!!
    – shimizu
    9月26日 8:44
  • はじめはsystemctlから起動すると環境変数COLUMNSとLINESが設定されてるのかな?と思いましたがそうでもないようで・・
    – shimizu
    9月26日 8:45
  • 1
    ポイントは上のNoteでしょうか。systemctlから起動された場合は端末の幅が狭かったということなのか・・。ひとまず解決できました!ありがとうございました!!!
    – shimizu
    9月26日 8:47
4

質問者ですが、コメントいただいて解決しました。

  • top コマンドにオプション -w 512 をつけることで解決しました。(プロセス名が短縮されなくなりました)
  • man top の -w の項に次のように記載されていました。

Note: Without the use of this command-line option, output width is always based on the terminal at which top was invoked whether or not in Batch mode.

  • おそらく top コマンドは起動された端末ウィンドウの幅に応じて出力を調整するよう実装されているが、起動元が systemctl や cron の場合は端末がないため最小幅が採用されて、結果プロセス名が短縮されたのかなと思います。

@metropolis さん @cubick さん ありがとうございました。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする