0

コンポーネントの warningerrorなどはsourmapがうまく動いているため、minify前のソースコードの箇所をコンソールに表示してくれます。
しかしMateiral-uiが絡む場合はchunkfileで表示されるため、デバッグがしづらい状況です。
こちらMaterial-uiの場合もminify前のソースコードの箇所を指定してらうようにしたいです。
解決方法や何か知見がある方にお力添えいただきたいです。

現環境のライブラリーバージョン

"vite": "^2.5.1"
"@material-table/core": "^3.0.7",
"@material-ui/core": "^4.11.2",
"@material-ui/data-grid": "^4.0.0-alpha.30",
"@material-ui/icons": "^4.11.2",
"@material-ui/lab": "^4.0.0-alpha.58",
"@material-ui/pickers": "^3.3.10",

画像の説明をここに入力

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする