0

Spresenseへの外部電源の供給方法として、メインボードのCN1を使用する方法が記載されています。
メインボードに対する外部電源の供給方法

しかしながら、メインボード+LTE拡張ボードでの電源供給について、下記ページでは、
Spresense ボードへの電源供給方法(Spresense LTE拡張ボードを使用する場合)

確実なLTE通信を行うためには、Spresense LTE拡張ボードのmicroUSBから1.5A以上供給できるようにしてください

との記載があります。
CN1からの供給ではなく、LTE拡張ボードのmicroUSBから供給しなければならないでしょうか?
それとも、十分な電流が供給できればCN1からの電源供給でも問題ないでしょうか?

-1

1.5A必要なところに0.5Aしか供給してなければ動きません。
CN1の電流値は0.5Aまでしか供給できないとありますので、十分な電流が供給できればの意味が分かりませんが...Spresenseを改造して使うということでしょうか?
CN1から電源を取った場合、いくらか動くでしょうが、消費電力が増えたタイミングで電流が足りなくなり、電圧が引っ張られてSpresense自体が落ちると思います。保護回路とかあって、メインボードへの電源供給だけとまるかもしれませんが...ともかく、いきなり動かなくなるのは確実です。


誤読でしたので修正します。
『1.16. メインボードに対する外部電源の供給方法外部電源を使用する』の対応を行うことで、別の外部電源を利用可能になります。なので外部電源の供給能力次第ですね。
外部電源に1.5A以上の供給能力のある電源(ACアダプタなど)を利用することで、LTEボード含めて動作させることができると思います。
気になるのは、外部電源用にコネクタつけると保証対象外になるという下りです。この部分に留意して使用されれば良いと思います。

2
  • コメントありがとうございます。 > CN1の電流値は0.5Aまでしか供給できないとありますので すみません、どちらに記載されていますでしょうか? 探したのですが見つけられませんでした。 メインボードに対する外部電源の供給方法の記載を見ますと、メインボードのmicroUSB端子からは500mAまでですが、CN1を使用するとAdd-onを含め供給電流量を増やせるように読めました。 「Add-onボードを設計する際に~」のくだりです。 9月23日 0:19
  • 誤読でしたので修正します。 外部電源を使用するので、外部電源の供給能力次第ですね。外部電源に1.5A以上の供給能力のある電源(ACアダプタなど)を利用することで、LTEボード含めて動作させることができると思います。 気になるのは、外部電源用にコネクタつけると保証対象外になるという下りです。この部分に留意して使用されれば良いと思います。
    – 豚吐露
    9月23日 12:27

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする