0

ReplayKitで画面録画をしようとすると、ユーザーに録画許可を促すような画面が表示されます。

ReplayKitの録画を開始するためのコードと同じ場所に何らかの処理を書くと、録画許可を促す前に処理が始まってしまいます。
以下の画像で言えば、「画面とマイクを収録」のボタンを押す前に処理が開始されてしまいます。
試したコードを以下に示します。

import UIKit
import ReplayKit

class ViewController: UIViewController, RPPreviewViewControllerDelegate {

    //processing count
    var count = 0
    var timer = Timer()
    
    @IBOutlet weak var recordingButton: UIButton!
    
    var coldFlag = false
    @IBAction func recordingButtonTapped(_ sender: UIButton)
    {
        if self.coldFlag == false
        {
            self.recordingButton.setTitle("Stop Recording", for: .normal)
            self.startRecording()
            
            //timer処理
            self.timer = Timer.scheduledTimer(withTimeInterval: 0.01, repeats: true, block: { (timer) in
                self.count += 1
                //self.count値をコンソールへ出力
                print(self.count)
            })
            
            self.coldFlag = true
        }
        else
        {
            self.recordingButton.setTitle("Start Recording", for: .normal)
            self.endRecording()
            
            //print停止
            self.timer.invalidate()
            
            self.coldFlag = false
        }
    }
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view.
        
        self.recordingButton.setTitle("Start Recording", for: .normal)
    }

    func startRecording() {
        // 既に録画中だと何もしない
        guard !RPScreenRecorder.shared().isRecording else { return }
        // 録画開始
        RPScreenRecorder.shared().startRecording(withMicrophoneEnabled: true, handler: { (error) in
            if let error = error {
                debugPrint(#function, "recording something failed", error)
            }
        })
    }

    func endRecording() {
        // 録画中じゃないと終了しない
        guard RPScreenRecorder.shared().isRecording else { return }
        // 録画終了
        RPScreenRecorder.shared().stopRecording(handler: { (previewViewController, error) in
            guard let previewViewController = previewViewController else { return }
            previewViewController.previewControllerDelegate = self //delegateを実装しないとdismissされない

            // プレビューの表示
            self.present(previewViewController, animated: true, completion: nil)
        })
    }

    func previewControllerDidFinish(_ previewController: RPPreviewViewController) {
        DispatchQueue.main.async {
            previewController.dismiss(animated: true, completion: nil)
        }
    }
}

上記のコードで言うと、recordingButtonTappedが呼び出された時に、画面収録に関する許可画面がユーザーに表示されますが、許可する前にtimerで値がprintされてしまいます。

どうしたら、許可した後にprintするようにできますでしょうか?

画像の説明をここに入力

1

startRecording(withMicrophoneEnabled:handler:)は、すでにiOS10でdeprecatedとなっているので使用しない方がいいでしょう。

startRecording(withMicrophoneEnabled:handler:)


startRecording(handler:)のドキュメントにおいて、handler:は、

that is called when the request completes.

とされているので、録画終了後?とも取れたのですが、試してみる限り、リクエスト完了時というのはユーザが許可ダイアログを選択した時点のようです。

それを利用すると、こんな感じにできます。

    var isRecordingAvailable = true
    @IBAction func recordingButtonTapped(_ sender: UIButton) {
        if self.isRecordingAvailable {
            self.recordingButton.setTitle("Stop Recording", for: .normal)
            self.startRecording {
                //timer処理
                self.timer = Timer.scheduledTimer(withTimeInterval: 0.01, repeats: true, block: { (timer) in
                    self.count += 1
                    //self.count値をコンソールへ出力
                    print(self.count)
                })
            }
            
            self.isRecordingAvailable = false
        } else {
            self.recordingButton.setTitle("Start Recording", for: .normal)
            self.endRecording {
                //print停止
                self.timer.invalidate()
            }
            
            self.isRecordingAvailable = true
        }
    }

    func startRecording(startHandler: @escaping ()->Void) {
        let recorder = RPScreenRecorder.shared()
        // 既に録画中だと何もしない
        guard !recorder.isRecording else { return }
        // 録画開始
        recorder.isMicrophoneEnabled = true
        recorder.startRecording { error in
            if let error = error {
                debugPrint(#function, "recording something failed", error)
                return
            }
            startHandler()
        }
    }
    func endRecording(stopHandler: @escaping ()->Void) {
        // 録画中じゃないと終了しない
        guard RPScreenRecorder.shared().isRecording else { return }
        // 録画終了
        RPScreenRecorder.shared().stopRecording(handler: { (previewViewController, error) in
            stopHandler()
            guard let previewViewController = previewViewController else { return }
            previewViewController.previewControllerDelegate = self //delegateを実装しないとdismissされない

            // プレビューの表示
            self.present(previewViewController, animated: true, completion: nil)
        })
    }

実際のアプリに適用するには色々修正しないといけないかもしれませんが、まずは試してみてください。

2
  • ありがとうございます、問題なく動作しました。(startHandler: @escaping ()->Void)の部分がどんなことをしているか知りたいのですが、self.startRecording {}の中身のコードを引数として渡しているような感じなのでしょうか?
    – gncc
    9月18日 0:36
  • 1
    多分その認識であっていると思います。self.startRecording {}のようなtrailing closure構文を使うと、{...}で表されるクロージャーが、最後のclosure型の引数(今の場合startHandler:)に渡されます。
    – OOPer
    9月18日 1:00

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする