1

プリエンプティブマルチタスクなRTOS・C言語を使用して、
センサの値を通信で他のマイコンボードに送信する機能を作っています。

用語

・センサタスク・・・センサ値を取得しセンサモデルにセット、センサドライバが実行される。
・センサモデル・・・センサ値を保持する(排他制御有り)
・通信タスク・・・センサ値を通信で送信、通信アプリが実行される。

センサタスク(タスク優先度高)で1ms周期でセンサ値をAD変換し、
センサモデルにセンサ値をセットします。
一方で、通信タスク(タスク優先度低)では10ms周期でセンサモデルからセンサ値を取得し、
通信で他のボードへセンサ値を送信します。

センサモデルのデータは、
データのセット、取得時にバイナリセマフォで排他制御を行っています。

センサタスクと通信タスクのタスク優先度の間には、
他にも処理が重いタスクが複数あります。

問題:

通信タスクでセンサモデルからセンサ値を取得する際にセマフォを取得すると、
センサタスクがセンサモデルにセンサ値をセットする際に、セマフォで待たされ、
センサ値のAD変換の1ms周期が満たせなくなります。

この問題は、どのように回避すればいいのでしょうか?

センサデータのサイズがかなり大きいため、
ダブルバッファ等を使わず、RAMの使用量を最小限に抑えたいです。

よろしくお願いします。

2
  • 設計レベルの話題ですが、センサタスクは 1ms 周期じゃないといけないのでしょうか? (通信タスクが 10ms 周期ならば、結局そのセンサー値が必要とされるのは 10ms 周期で十分なのではないか?と思ったので)
    – miwarin
    9月17日 1:05
  • 実際に使うハードウェア・ソフトウェア・APIの詳細とか具体的なデータ・メモリ・他資源の内容・サイズとか該当のプログラムソースを提示した方が助言・回答を得やすいと思われます。
    – kunif
    9月17日 1:08

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする