1

iperfというツールを使いスループットを確認していますが、
このツールの出力結果がExcelで処理しにくい出力形式のため困っております。

ツール起動時下記コマンドで実行していますが、せめて、日時を一番左に挿入
するようなバッチにしたいのですが、何か方法は御座いますでしょうか?

echo %date%%time% >> iperf.log

iperf3.exe -c 192.168.1.2 -t 20 >>iperf.log
Connecting to host 192.168.1.1, port 5201
[  4] local 192.168.1.1 port 62946 connected to 192.168.1.2 port 5201
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-1.00   sec  5.00 MBytes  41.9 Mbits/sec                  
[  4]   1.00-2.01   sec  3.25 MBytes  27.0 Mbits/sec                  
[  4]   2.01-3.00   sec  15.4 MBytes   130 Mbits/sec                  
[  4]   3.00-4.01   sec  13.4 MBytes   111 Mbits/sec                  
[  4]   4.01-5.02   sec  4.00 MBytes  33.4 Mbits/sec                  
[  4]   5.02-6.02   sec  5.75 MBytes  48.3 Mbits/sec                  
[  4]   6.02-7.00   sec  8.88 MBytes  75.7 Mbits/sec                  
[  4]   7.00-8.00   sec  9.62 MBytes  80.5 Mbits/sec                  
[  4]   8.00-9.01   sec  20.1 MBytes   168 Mbits/sec                  
[  4]   9.01-10.00  sec  11.8 MBytes  98.8 Mbits/sec                  
[  4]  10.00-11.01  sec  27.0 MBytes   226 Mbits/sec                  
[  4]  11.01-12.00  sec  26.2 MBytes   221 Mbits/sec                  
[  4]  12.00-13.00  sec  28.1 MBytes   236 Mbits/sec                  
[  4]  13.00-14.00  sec  29.1 MBytes   244 Mbits/sec                  
[  4]  14.00-15.00  sec  31.2 MBytes   262 Mbits/sec                  
[  4]  15.00-16.00  sec  30.1 MBytes   253 Mbits/sec                  
[  4]  16.00-17.00  sec  23.8 MBytes   199 Mbits/sec                  
[  4]  17.00-18.01  sec  33.0 MBytes   276 Mbits/sec                  
[  4]  18.01-19.00  sec  31.9 MBytes   268 Mbits/sec                  
[  4]  19.00-20.00  sec  28.1 MBytes   236 Mbits/sec                  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[ ID] Interval           Transfer     Bandwidth
[  4]   0.00-20.00  sec   386 MBytes   162 Mbits/sec                  sender
[  4]   0.00-20.00  sec   386 MBytes   162 Mbits/sec                  receiver
2
1

一度ワークファイルにログを出力し、そのワークファイルの行を日時付きでiperf.logに出力してはいかがでしょうか?

@echo off
set _DT=%date% %time%
iperf3.exe -c 192.168.1.2 -t 20 > work.log
for /f "delims=" %%x in ( work.log ) do (
    echo %_DT% %%x   >>iperf.log
)

3
  • 既に、iperfから出力されているログを、work.logと変換し、for /f "delims=" %%x in ( work.log ) do ( echo %_DT% %%x >>iperf.log ) の部分を実行してみましたが、出力されたiperf.logの一番左に日時は挿入されていませんでした。
    – sinshin
    9月8日 11:12
  • 「set _DT=%date% %time%」を実行していますでしょうか? 9月8日 11:53
  • なるほど!そういうことでしたか。理解できました。ありがとうございます。
    – sinshin
    9月8日 12:00
1

PowerShell には ConvertFrom-Json というコマンドレットがありますので、それを使ってみてはどうでしょうか。

JSON形式でファイルに出力
iperf3.exe -c 192.168.1.2 -t 20 -J > iperf.json

iperf.json

{
             :

    "intervals":    [{
            "streams":  [{
                    "socket":   5,
                    "start":    0,
                    "end":  1.000136,
                    "seconds":  1.0001360177993774,
                    "bytes":    6138101760,
                    "bits_per_second":  49098135859.606842,
             :

PowerShell script

Get-Content ".\iperf.json" -Encoding UTF8 -Raw |
ConvertFrom-Json | % { 
  $ctime = [System.DateTimeOffset]::FromUnixTimeSeconds(
    $_.start.timestamp.timesecs).LocalDateTime.ToString(
      "G", [System.Globalization.CultureInfo]::CreateSpecificCulture("ja-JP"))
  $_.intervals.streams | ForEach-Object {
    Write-Output("Datetime,Interval(sec),Transfer(MBytes),Bandwidth(Mbits/sec)")
  }{
    Write-Output(
      "$ctime,{0:f2}-{1:f2},{2:f2},{3:f2}" -f
      $_.start, $_.end,
      ($_.bytes/[math]::Pow(10,6)),
      ($_.bits_per_second/[math]::Pow(10,6))
    )
  }
} | Out-File ".\iperf.csv" -Encoding UTF8

iperf.csv

Datetime Interval(sec) Transfer(MBytes) Bandwidth(Mbits/sec)
2021/09/08 18:43:16 0.00-1.00 6138.10 49098.14
2021/09/08 18:43:16 1.00-2.00 6094.85 48757.37
2021/09/08 18:43:16 2.00-3.00 6143.34 49153.20
2021/09/08 18:43:16 3.00-4.00 6051.59 48410.96
2021/09/08 18:43:16 4.00-5.00 6121.06 48966.44
1
0

既に指摘されているようにiperf3にはJSON出力を行う-Jオプションが用意されています。
また、ExcelにはPower Queryと言って外部データを処理しテーブルとして取り込む機能が用意されています。これを使うことでJSONファイルを読み込むことができます。

Excelで [データ] - [データの取得] - [その他のデータソースから] - [空のクエリ] を実行するとPower Queryエディターが立ち上がります。
Power Queryエディターで [ホーム] - [詳細エディター] に次のコードを入力すると

let
    json = Json.Document(File.Contents("C:\Path\To\iperf.json")),
    epoch = DateTimeZone.ToLocal(#datetimezone(1970, 1, 1, 0, 0, 0, 0, 0)),
    startTime = epoch + #duration(0, 0, 0, json[start][timestamp][timesecs]),
    list = List.TransformMany(json[intervals], each [streams], (x, y) => [date = startTime] & y),
    table = Table.FromRecords(list)
in
    table

Power Queryエディターにテーブルが読み込まれます。ここで [ホーム] - [閉じて読み込む] でExcelにテーブルが読み込まれます。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする