1

作成したAndroidアプリが64bitCPUに対応しているかどうかは、「ネイティブコードが含まれているかどうか」のみで判断できると理解しています。
まずこの理解は合っていますか?ほかに考慮することはありますか?

アプリにネイティブコードを含むかどうかは、AndroidStudioのAnalyzeAPKを実行した結果に拡張子.soのファイルがあるかどうかで判断していいですか?(参照: https://cpoint-lab.co.jp/article/201907/10595/ )

2

作成したAndroidアプリが64bitCPUに対応しているかどうかは、「ネイティブコードが含まれているかどうか」のみで判断できると理解しています。
まずこの理解は合っていますか?

大雑把には正しい理解です。より正確に表現するなら:

  • Androidアプリがネイティブコードを1つも含まない場合:(自動的に)64bit CPUに対応します。
  • Androidアプリがネイティブコードを1つ以上含む場合:
    • lib/arm64-v8aディレクトリ以下に*.soファイルが配置されているなら、ARMアーキテクチャの64bit CPUに対応します。
    • lib/x86_64ディレクトリ以下に*.soファイルが配置されているなら、Intel x86アーキテクチャの64bit CPUに対応します。

公式サイトdeveloper.android.comの記事「64ビットアーキテクチャのサポート」もあわせて参照ください。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする