0

事象:

build.gradleminSdkVersion を指定した場合と、AndroidManifest.xmlminSdkVersion を指定した場合で Play Store 上の挙動が異なります。

build.gradleminSdkVersion を指定した場合
 => デバイスの OS バージョンがアプリの対応バージョンより低い場合、互換性のあるアプリバージョンがインストールされます
  例:
   Ver1.0.0.0 で minSdkVersion19 に指定していた
   Ver2.0.0.0 で minSdkVersion24 に変更した場合、Android7 未満の端末では Ver1.0.0.0 がインストールされる
AndroidManifest.xmlminSdkVersion を指定した場合
 => デバイスの OS バージョンがアプリの対応バージョンより低い場合、Play Store でアプリのページが検索できません(そのためインストールもできません)
  例:
   Ver1.0.0.0 で minSdkVersion19 に指定していた
   Ver2.0.0.0 で minSdkVersion24 に変更した場合、Android7 未満の端末では Play Store でアプリが検索できない

やりたいこと:

build.gradleminSdkVersion を指定することで、デバイスの OS バージョンがアプリの対応バージョンより低い場合、Play Store でアプリのページが検索できないようにしたい(インストールできないようにしたい)。

質問:

・Android Developers サイトでは、build.gradle<uses-sdk> 要素を記述することを推奨しているように読めます。また、マニフェストファイルをマージするとも書かれているため AndroidManifext.xmlbuild.gradle のどちらに記述しても Play Store 上の動作に違いは無いと考えられます。
 しかし、上記のように AndroidManifest.xml だとインストールが禁止できて、build.gradle だとインストールが禁止できません。その原因を教えていただきたいです。
 > https://developer.android.com/studio/build/manifest-merge?hl=ja
 > Gradle ビルドはすべてのマニフェスト ファイルを単一のマニフェスト ファイルにマージして、アプリ内にパッケージ化します。    
 > build.gradle ファイル内のビルド構成は、マージされるマニフェスト ファイル内の対応する属性をオーバーライドします。たとえば、build.gradle ファイル内の minSdkVersion は、 マニフェスト要素内の対応する属性をオーバーライドします。混乱を避けるため、 要素を削除し、build.gradle ファイル内だけでプロパティを定義するようにしてください

・また、Build.gradleminSdkVersion を指定して、デバイスの OS バージョンがアプリの対応バージョンより低い場合、Play Store でアプリのページが検索できないようにする方法を教えていただきたいです。

再現手順

・build.gralde で minSdkVersion を指定する場合

android {
    compileSdkVersion 29

    defaultConfig {
        applicationId "hoge.fuga.piyo"
        minSdkVersion 24
        targetSdkVersion 29
        versionCode 46
        versionName "2.0.0.0"
    }

・AndroidManifest で minSdkVersion を指定する場合

<uses-sdk android:minSdkVersion="24" />

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする