4

環境 ubuntu
clionにてrun

#include<stdio.h>
#include<stdlib.h>

int main(void){

    char *old_string,*new_string;
    old_string=malloc(sizeof(char));
    int i;

    for(i=0;i<10000;i++){
        old_string[i]=i%10;

        //new_string=realloc(old_string,i+2);
        //old_string=new_string;
        printf("インデックス:%d 中身:%d\n",i,old_string[i]);
    }
    free(old_string);

    return 0;
}

結果

インデックス:1 中身:1
インデックス:2 中身:2
インデックス:3 中身:3
インデックス:4 中身:4
インデックス:5 中身:5
インデックス:6 中身:6
インデックス:7 中身:7
・・・
インデックス:9999 中身:9

最初はコメントアウトをしているとこを残して、malloc()とrealloc()による配列領域拡大を試してみようと思いました。実際うまくいきました。

しかし、コメントアウトをして、つまりサイズ1の領域確保のままでも結果が同じになってしまいます。

ガバガバすぎると思うんですけど、C言語の仕様なんでしょうか?

さすがに1Gぐらいまわせば何かにぶつかりそうですけど

7

掲示のソースコードを heap_overflow.c として、gcc の -fsanitize=address オプションを付けてコンパイル・実行してみます。

gcc(1)

-fsanitize=address

 Enable AddressSanitizer, a fast memory error detector. Memory access instructions are instrumented to detect out-of-bounds and use-after-free bugs. The option enables -fsanitize-address-use-after-scope. See <https://github.com/google/sanitizers/wiki/AddressSanitizer> for more details. The run-time behavior can be influenced using the ASAN_OPTIONS environment variable. When set to "help=1", the available options are shown at startup of the instrumented program. See <https://github.com/google/sanitizers/wiki/AddressSanitizerFlags#run-time-flag> for a list of supported options. The option cannot be combined with -fsanitize=thread.

以下の実行結果から、実際には heap buffer overflow が発生している事が判ります。

$ gcc -std=gnu2x -fsanitize=address -Wall -g heap_overflow.c -o heap_overflow && ./heap_overflow

インデックス:0 中身:0
=================================================================
==118931==ERROR: AddressSanitizer: heap-buffer-overflow on address 0x602000000011 at pc 0x563844e782bc bp 0x7ffdd177b0b0 sp 0x7ffdd177b0a0
WRITE of size 1 at 0x602000000011 thread T0
    #0 0x563844e782bb in main heap_overflow.c:12
    #1 0x7ff235322564 in __libc_start_main (/lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6+0x28564)
    #2 0x563844e7816d in _start (heap_overflow+0x116d)

0x602000000011 is located 0 bytes to the right of 1-byte region [0x602000000010,0x602000000011)
allocated by thread T0 here:
    #0 0x7ff23559ac47 in __interceptor_malloc ../../../../src/libsanitizer/asan/asan_malloc_linux.cpp:145
    #1 0x563844e7823e in main heap_overflow.c:7
    #2 0x7ff235322564 in __libc_start_main (/lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6+0x28564)

SUMMARY: AddressSanitizer: heap-buffer-overflow heap_overflow.c:12 in main
Shadow bytes around the buggy address:
  0x0c047fff7fb0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
  0x0c047fff7fc0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
  0x0c047fff7fd0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
  0x0c047fff7fe0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
  0x0c047fff7ff0: 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
=>0x0c047fff8000: fa fa[01]fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
  0x0c047fff8010: fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
  0x0c047fff8020: fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
  0x0c047fff8030: fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
  0x0c047fff8040: fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
  0x0c047fff8050: fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa fa
Shadow byte legend (one shadow byte represents 8 application bytes):
  Addressable:           00
  Partially addressable: 01 02 03 04 05 06 07
  Heap left redzone:       fa
  Freed heap region:       fd
  Stack left redzone:      f1
  Stack mid redzone:       f2
  Stack right redzone:     f3
  Stack after return:      f5
  Stack use after scope:   f8
  Global redzone:          f9
  Global init order:       f6
  Poisoned by user:        f7
  Container overflow:      fc
  Array cookie:            ac
  Intra object redzone:    bb
  ASan internal:           fe
  Left alloca redzone:     ca
  Right alloca redzone:    cb
  Shadow gap:              cc
==118931==ABORTING
1
  • 1
    確認できました なお、コメントアウトしない版はエラーでなくでました(freeいれわすれたので 追記しました
    – peppaa
    8月16日 11:31
7

ガバガバすぎると思うんですけど、
C言語の仕様なんでしょうか?

はい、境界を越えないように制御するのはプログラマの責任です。
その上で、C言語には既定では境界チェック機能がありません。
metropolisさんが回答されているように、追加のチェック機能を盛り込むことも可能です。
そのほかの方法として、手元のVisual C++ですとコード分析機能を使うと次のように警告が出るため、実行前に問題を把握することができます。もちろん、metropolisさんが紹介している-fsanitize=addressも使えるため、実行時に検出することも可能です。

warning C6200: Index '9999' is out of valid index range '0' to '0' for non-stack buffer 'old_string'.

さすがに1Gぐらいまわせば何かにぶつかりそうですけど

mallocに関しては、brkでメモリブロックを取得し、その中を適切に切り分けたものを返す仕様となっています。そのため、brkで確保したサイズまではアクセスできてしまいます。それ以上のサイズにアクセスすると、アクセス違反でプロセスが停止するはずです。
現状でもmallocの管理領域を壊している可能性があるため、次のmalloc / realloc / free 等が正常に動作するとは限りません。

1
  • まだ、Cが自由すぎてなじめないですね
    – peppaa
    8月16日 11:32

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする