0

Windows認証で動かしていたアプリ(.NET core3.1)をAzureAppServiceに移行しようとしており
認証の部分をAzureAD認証に変更しなければならないのでプログラムの修正を行っておりますが、

色々と設定をし、ユーザーの情報を取得するところまでは出来たのですが、
フロント側(Reactでaxios使用)からサーバー側の[Authorize()]を付与しているAPIを呼ぼうとすると、302エラーで返ってきてしまいます。
302が返ってくること自体は、AppService側の認証の設定で「認証されていない要求」の場合に302で返すようにしているので問題ないのですが、
後、何の設定をすれば認証状態でAPIを呼べるのかがわかりません…
Windows認証の時は、API呼び出し時にはリクエストヘッダーに「authorization」が追加されていたのですが
AzureAD認証に変えてから何も付与されておりません。

どの設定が不足しているかなど、お教え頂ければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

現在試していること(変更している点)

  • Microsoft.AspNetCore.Authentication.AzureAD.UI (3.1.17)のパッケージを追加

  • startup.csのConfigureServicesの認証の箇所をAzureADに変更

services.AddAuthentication(AzureADDefaults.AuthenticationScheme)
                     .AddAzureAD(options => Configuration.Bind("AzureAd", options));
  • startup.csのConfigureに追加。
    AzureAD認証ではそのまま取得できなかったユーザー名とIDをUser.Identity.Nameに設定されるように拡張
app.UseEasyAuth();

    public static class ApplicationBuilderExtension
    {
        public static void UseEasyAuth(this IApplicationBuilder app)
        {
            app.Use(async (context, next) =>
            {
                // Create a user on current thread from provided header
                if (context.Request.Headers.ContainsKey("X-MS-CLIENT-PRINCIPAL-ID"))
                {
                    // Read headers from Azure
                    var azureAppServicePrincipalIdHeader = context.Request.Headers["X-MS-CLIENT-PRINCIPAL-ID"][0];
                    var azureAppServicePrincipalNameHeader = context.Request.Headers["X-MS-CLIENT-PRINCIPAL-NAME"][0];

                    // Create claims id
                    var claims = new Claim[]
                    {
                        new Claim("http://schemas.microsoft.com/identity/claims/objectidentifier", azureAppServicePrincipalIdHeader),
                        new Claim("name", azureAppServicePrincipalNameHeader)
                    };

                    // Set user in current context as claims principal
                    var identity = new GenericIdentity(azureAppServicePrincipalNameHeader);
                    identity.AddClaims(claims);

                    // Set current thread user to identity
                    context.User = new GenericPrincipal(identity, null);
                }
                Log.NLog.Debug("[UseEasyAuth2] end");
                await next.Invoke();
            });
        }
    }
  • appsetting.jsonにAzureADの情報を設定
  "AzureAd": {
    "Instance": "https://login.microsoftonline.com/",
    "Domain": "xxxx.onmicrosoft.com",
    "TenantId": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
    "ClientId": "xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
  },
  • Azureへの発行時の設定で、「組織認証への有効化」をチェックし
    上記のドメインを指定

  • AzureAppService側で対象のアプリの認証の設定

AzureAppService認証設定1


AzureAppService認証設定2


AzureAppService認証設定3


AzureAppService認証設定4


  • AzureActiveDirectory側の認証設定(クイックスタートでそのまま設定しただけです)

AAD認証設定1


AAD認証設定2

追記

  • js側でaxiosでAPIを呼ぶ際に、リクエストヘッダーに「Authorization」をBearerで
    [アプリURL]/.auth/meで取得できる認証情報の「access_token」を付与

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする