1

rspecをguardで自動化して実行した際に、Carrierwaveを使用した処理の実行後にrubyプロセスのCPU使用率が数十秒100%近い状態になります。

  • rails 4.2.0
  • rspec 3.2.0
  • guard 2.12.4
  • guard-rspec 4.5.0
  • carrierwave 0.10.0
  • factory_girl 4.5.0

環境は上記の通りです。

通常のコマンドからrspecを実行するとrubyプロセスのCPUの使用率はすぐに終了します。
しかしguardを使用してspecファイルの変更を検出しての実行の際には数十秒間CPUが100%近くなり、処理が止まります(次の変更の検知・実行までタイムラグがある)。

概要は以下のとおりで、

user モデル

imageというattributeを持っており、mount_uploader :image, UserImageUploaderとして設定。

carrierwave 設定

CarrierWave.configure do |config|
  if Rails.env.production? || Rails.env.staging?
    config.fog_credentials = { ### }
    config.asset_host = Settings.asset_host
    config.fog_public = true
    config.fog_directory = Rails.application.secrets.IMAGE_BUCKET
    config.storage :fog
  else
    config.storage :file
  end

  if Rails.env.test?
    config.enable_processing = false
  end
end

rspec テスト部分

describe 'PATCH #update_image' do
  let!(:user_attributes) { attributes_for(:user_image) }
  before { xhr :patch, :update_image, user: user_attributes }

  it { expect(flash.now[:notice]).not_to be_nil }
  it { expect(response).to render_template :update_image }
end

上記のitのexample部分が実行された際にCPUがハングアップします。
また、FactoryGirlは以下のように記述しており、Rack::Test::UploadedFile.newfixture_file_uploadActionDispatch::Http::UploadedFile.newで設定しても変わりありません。

Factorygirl設定

factory :user_image, class: 'User' do
    image Rack::Test::UploadedFile.new(File.open(File.join(Rails.root, "/spec/assets/blank.png")), 'image/png')
  end

Guardファイルの設定は以下のようになっています。springを使用していますが、springを使用しない場合も同様でした。

guard :rspec, cmd: 'spring rspec -f progress', all_on_start: false, all_after_pass: false do
  watch(%r{^app/(.+)\.rb$})                           { |m| "spec/#{m[1]}_spec.rb" }
  watch(%r{^app/(.*)(\.erb|\.haml|\.slim)$})          { |m| "spec/#{m[1]}#{m[2]}_spec.rb" }
  watch(%r{^app/controllers/(.+)_(controller)\.rb$})  { |m| ["spec/routing/#{m[1]}_routing_spec.rb", "spec/#{m[2]}s/#{m[1]}_#{m[2]}_spec.rb", "spec/acceptance/#{m[1]}_spec.rb"] }

end

factory_girlの設定で、imageの項目にnilを設定するとハングアップしないので、Carrierwaveの処理が原因だと思うのですが、何か対処の仕方やなどありましたらご教授ください。

ちなみに、uploadするファイル自体は小さな画像ファイルで、実際にアップロードして検証した画像ファイルなども試しました。

3

自己回答です。

Guardfileに以下のようにignoreを記述すれば発生しなくなりました。

ignore /public/
1

log/test.logを開いてうまくいく場合と、うまくいかない場合の差異をチェックしてみるといかがでしょうか?
処理が終わらないということはおそらくどこかでログの出力が止まってるんじゃないかと予想します。(何か処理が無限ループしまくってる、という可能性もあるかも)

ログを見ても原因がよくわからない場合はとりあえずログの内容を追記してください。

あとはguardをデバッグモードで実行してみることでしょうか。
bundle exec guard -d で実行すると、通常よりも細かい内容が出力されます。
そこにも何かヒントが隠れているかもしれません。
こちらも必要に応じて追記してください。

  • ありがとうございます。まずtest.logはdebug levelでテストのログしか出力されませんでした(rubyプロセスのCPUが高負荷の間logなし)。guardのデバッグも09:29:10 - DEBUG - Hook :run_on_modifications_end executed for Guard::RSpec 09:29:10 - DEBUG - Start interactor 09:29:10 - DEBUG - Command execution: stty -g 2>/dev/null [1] guard(main)>のみでした。 またguard -d で表示された実際の実行コマンドspring rspec -f progress -r /Users/****/vendor/bundle/ruby/2.2.0/gems/guard-rspec-4.5.0/lib/guard/rspec_formatter.rb -f Guard::RSpecFormatter --failure-exit-code 2 spec/controllers/profiles_spec.rbをマニュアルで実行しましたが現象は再現できませんでした。やはり自動実行後に発生するようです。 – kntmrkm 15年3月16日 0:48

回答

By clicking “回答を投稿”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする