-1

()の内部が「アロー関数式」かつ「return文にセミコロンがある」場合、ar.map()はArray [2, 3, 4]を表示しませんでした。 この問題の原因または誤りを指摘できますか?

function f1(x){return x+1;}
const ar = [1,2,3];
console.log(ar.map(/* ... */));
x => ~ ; x => ~
f1(x) Error: missing ) after argument list Array [2, 3, 4]
x+1 Error: missing ) after argument list Array [2, 3, 4]
function(x){return ~;} function(x){return ~}
f1(x) Array [2, 3, 4] Array [2, 3, 4]
x+1 Array [2, 3, 4] Array [2, 3, 4]
0

mapの引数としてアロー関数式の一つの形

param => expression

を使うならば、;は余計です。式 (expression) に;は含まれません。

;は 文 (statement) を構成します。
たとえば

expression ;

は文 (statement) です。

文には本来 ; が必要ですが、JavaScriptのセミコロン自動挿入機能により、多くの構文で、文の ; を省略することが可能となっています。だからセミコロンの無い文

return expression

もエラーとならずに済んでいるわけです。

6
  • callbackにセミコロンを付けようとしていたのは、セミコロンを(アロー関数中の)return文というstatementの終了を示す記号として認識していたからです。ここに誤解があったのだと推測しています。 もし誤解だというのが正しいとすると「let f1 = x => x + 1;; console.log(f1(1));」のエラーが出ない点に疑問は残りますが。
    – ゲスト
    7月29日 1:31
  • 「let f1 = x => x + 1;; console.log(f1(1));」 これは 「let f1 = x => x + 1;」 というlet宣言と 「;」 「console.log(f1(1));」 という2つの文です。(1つ目は空文です)。 最初のlet宣言は 「let var = value ;」 の形を使用しています。そしてvalueとして 「x => x + 1」というアロー関数式の一つの形を使用しています。 構文上、何も疑問の余地はありません。 7月29日 2:34
  • 回答者は、「let f1 = x => x + 1;; console.log(f1(1));」を、「let f1 = x => x + 1」「」「 console.log(f1(1))」の3つのstatementから構成されていると指摘していますか?
    – ゲスト
    7月29日 3:15
  • 回答者とは私のことですか? そしてあなたは誰ですか? 質問の意図がわかりませんが、何を知りたいのですか? 7月29日 3:21
  • 私は十分明確に質問者の疑問に答えたつもりですが、それでも理解できないのならこちらをしっかり読み込むことをお勧めします。 developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript 7月29日 3:24

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする