0

python のstatsmodels(GLM)でロジスティック回帰を行っています。
下記のコードのよう、モデル作成後に、
.summary()で、取得できた係数(coef)をオッズ比に変換したのですが、
このオッズ比について、95%信頼区間(上限値・下限値)も計算したいのですが、
実装方法をご存じの方がいらっしゃいましたらアドバイスいただけませんでしょうか?

X = df.iloc[:, 1:]
X = sm.add_constant(X)  # 切片追加
y = df.iloc[:, :0]

from sklearn.model_selection import train_test_split
X_train, X_test, y_train, y_test = train_test_split(X, y, test_size=0.2, random_state=1)
print(len(X_train))
print(len(X_test), end='\n\n')

# statsmodelsのGLMでロジスティック回帰
import statsmodels.api as sm
glm = sm.GLM(y_train, X_train, family=sm.families.Binomial())
model = glm.fit()
model.summary()  # 係数(coef)、標準誤差、標準偏差、p値、95%信頼区間等を確認可能が分かる

# 変数ごとのオッズ比(係数の exp をとったもの)
np.exp(model.params)  # これで取得できるオッズ比について、95%信頼区間も算出したい

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする